ブログトップ

茜色の空

”It's Show Time"

今月の英語クラブの催しは、 ”It's Show Time"  
それぞれ好きなテーマで、5分程お喋りをするもの。
a0053420_18221239.jpg
落語を演じた人は、ピョンピョン亭XXXと名乗り、小噺を。壺を買いに来た男が、最初、大きな壺と小さな壺のうち、小さな壺を買って帰る。再度その店に来て、言葉巧みにその小さな壺から大きな壺に変えてもらい、一銭も払わず、もらって帰る、というもの。  私は、「今、ハマっているもの」のことを話した。それは・・・・・・毎朝、朝食の時、トーストしたパンに塗って食べているピーナッツバターについて。

つぎの方は、中国茶を淹れて下さり、そのお話を。
a0053420_18382440.jpg
また、最近隣の市に転居した人は、前の市と今の市の違いを例をあげながら説明。

その次の人達は、5名で寸劇を。ある人が、「人生は、常に前を向いて!」と固く心に誓って、成功をする。そして、旅先で、大金を入れたボストンバッグを、トイレの後ろ側に置き忘れるが、「常に前を向いて!」の精神から、後ろを見ずに出てきてしまう。

また、もう一人は、田舎から出てきて街で成功しようと頑張った。「人生は、小さなことの積み重ね。小さな利益を大切に!」と心に誓った。そして、ある程度裕福になった後、ある所で大きな利益が出る取引を提示された。でも、人生訓に反するからとそれを断り、悠然と去って行った。

自分の決めたルールを忠実に守り、どんな場合もそれを覆すことはない・・・・・思わず笑ってしまう風刺劇だが、我々の日常でも、こんな悲喜劇は起きているのではないかしら? と考えさせられる面白いお芝居だった。

次の人は、合唱サークルにも所属していて、得意の喉をご披露。
a0053420_1612221.jpg

スーザン・ボイルの歌を、ボイルのような美声を部屋いっぱいに響かせて歌い、会場を沸かせた。

最後にサイモンとガーファンクルのあの有名な< Bridge over troubled water >を全員で歌い、今年を締めくくりました。

[PR]
# by rapole | 2014-12-19 17:43 | English | Comments(0)

「南アフリカ」について

今月の英語クラブは、「南アフリカ」についての講演会を開催。
a0053420_1785975.jpg
以前、南アフリカの政府機関で10年程仕事をしていらっしゃった方が講師で、南アフリカの現状などをお話して下さった。私達は10月に、アパルトヘイトや、ネルソン氏のことを取りあげて事前に勉強していたので、比較的良く理解出来た。
a0053420_1658465.jpg
部外の方々にも声をかけたので、大勢の人が参加。終了後にちょっとした立食パーティをし、皆さん色々講師に質問したり、それぞれで話が盛り上がり、大盛況のうちに幕を閉じました。
[PR]
# by rapole | 2014-11-21 21:23 | English | Comments(0)

イタリア料理店へ

ご近所の方と久しぶりに集まって、ランチへ。

最近、「つくばエキスプレス」の1つの駅前にオープンしたホテル。エントランスは、緑いっぱいの自然な雰囲気。
a0053420_1505412.jpg
本がたくさん展示してあって、訪れた人はロビーに座って眺めることが出来る。
a0053420_155224.jpg
そのホテルの1階に入っていて、ちょっと話題になっているイタリア料理のお店。
a0053420_158314.jpg
石窯焼きのピッツァや、パスタ等、美味しい料理がいっぱい。
a0053420_15115940.jpg
ピッツァやパスタが美味しくて、夢中で食べてから、「あ、写真を撮るのを忘れた。」と気付いたのは、デザートが出てきてから。
a0053420_15204211.jpg
メニューに、「玉手箱」と書いてあったので、「いったいどんなデザート?」と思っていたら、本当に箱に入ったものが出てきた。美味しゅうございました!
[PR]
# by rapole | 2014-11-17 21:44 | 出来事 | Comments(0)

近所の近隣センターでも、「文化祭」が開催されている。そちらにも出展したので、見に行ってきた。
a0053420_1893180.jpg
昨年同様、「深雪アートフラワー」グループも出品。綺麗な花々がたくさんあって、場を華やかな雰囲気に。
a0053420_18122432.jpg

a0053420_18124810.jpg
木彫りの作品も、お洒落で楽しいものがたくさん。
a0053420_18132091.jpg

a0053420_18155470.jpg

a0053420_18162479.jpg

a0053420_18164970.jpg
a0053420_18182656.jpg
「ふくろうさん」も、存在感たっぷり!
a0053420_1619559.jpg

a0053420_18184686.jpg
市の文化祭にも出展していらっしゃる「和紙の絵」の方が、ここでもご一緒。和紙で、こんな風に絵が描けるなんて・・・・と驚き。素晴らしい作品を2点も。
a0053420_1821646.jpg

a0053420_18205295.jpg
私は、1つ描いて出すつもりだったが、間に合わなくて、市の文化祭に出品したものと同じものを出品した。来年はちゃんとこれの為に1つ描かなくちゃと思いつつ・・・・・・。
[PR]
# by rapole | 2014-11-02 21:36 | | Comments(0)

市の「文化祭」受付係

今日は、市の「文化祭」の受付係に当たっているので、朝から会場の入り口に座って入場者の応対に。
a0053420_12265922.jpg
水彩画のグループの作品が多数展示されているので、その関係の方々が連れだって見学にいらっしゃって・・・・・。
a0053420_1663864.jpg

a0053420_16101238.jpg

a0053420_16144853.jpg
a0053420_1615143.jpg
他にもたくさんの絵があったけれど、載せきれなくて・・・・。
a0053420_16153088.jpg
私と他に2人が個人で出展。その1人が、こちらの和紙で描かれた作品。
a0053420_1617949.jpg
そして、その場でお喋りをして分かったのだが、プロとして活躍しているという若い女性の作品がこちら。ほのぼのとした画風で、夢があって楽しい。
a0053420_1623914.jpg
私の作品。5月に行った京都の想い出を描いて・・・
a0053420_16294134.jpg
                  「宇治・平等院鳳凰堂」

受付係の役の終了後(1時30分)、見に来てくれた絵の好きなお友達と一緒にランチへ。絵の話等、色々お喋りを楽しんだ。
[PR]
# by rapole | 2014-11-01 21:48 | | Comments(0)

市の「文化祭」始まる

今年も又、市の「文化祭」が始まった。昨年に引き続き、ペイント画を出品。
a0053420_22235577.jpg
絵画等は二ヵ所で展示で、私は今年も又、同じ所に。会期は4日間で、次の展示に移る。
a0053420_22283846.jpg
市内でサークル活動をしている4つの水彩画のグループと私のように個人で出している人が3人。
a0053420_22322361.jpg

[PR]
# by rapole | 2014-10-30 21:23 | | Comments(0)

「常磐津」

東京で開催された、英語クラブの日本の関東地区を統合する会合に、仲間と参加した。

通常のセッションが終了した後、ワークショップとして「常磐津」を、常磐津師として活躍中の方が披露。
a0053420_17193865.jpg
「常磐津」とは、歌舞伎や日舞の音楽で、三味線を弾きながら、セリフを言ったり、唄をl歌ったりするもの。

歌舞伎を見に行っている時、確かに舞台横で三味線を弾きながら唄をうたっている人達がいたが、気にも留めなった。「あ、あれだったのね。」と、「常磐津」を聴きながら納得。

今日は、「三世相錦繍文章」という唄の一部を、会場の人達全員で一緒に練習し、その後、「我こそ!」と思う人達が舞台上に出て唄った。結構節回しが難しく、抑揚がうまく出来ないのだが、さすが自分で舞台に上がった人達は上手だった。
a0053420_1742839.jpg
常磐津師の方が、芸大出身ということで、そのつながりから同大出身のチェロ奏者の方がチェロで伴奏を。普通は三味線なのだがチェロの伴奏で、「山姥」という唄を常磐津師の方が披露。見事な『和と洋』の合体に、会場中が聴き惚れていた。普段なじみのない「常磐津」を聴き、唄うという貴重な体験。「今度歌舞伎を見に行ったら、きっとじっくり聴いて味わうでしょうね。」と言いあいながら、皆で帰路につきました。
[PR]
# by rapole | 2014-10-28 21:57 | English | Comments(0)

Jimdoイベント

最近、「ブログもいいけれど、日々の流れの記録なので、特別な物だけをすぐ見られるものが欲しいな。」と思い始め、ホームページを作りだした。

無料で使える「Jimdo」というウェブサイトビルダーで、「リリーのホームページ」を作ってみた。まだ途中で、これからなのだけれど、簡単に作れるのが良い。

そのJimdoが日本に進出して5年。「5周年記念イベント」を開催するというので、虎ノ門に最近出来たばかりの虎ノ門ヒルズに行ってきた。
a0053420_1030444.jpg
「トラのもん」というマスコット・キャラがいて、お客さんをお出迎え。洒落たお店もたくさん。
a0053420_18134697.jpg
a0053420_1033652.jpg
アートも・・・・・・。

Jimdo のイベントには、5年前にドイツで創業した創業者の一人が来日していて、コメントを。
a0053420_10354747.jpg
内容が充実していて、楽しかった。
[PR]
# by rapole | 2014-10-25 21:21 | 出来事 | Comments(0)

カラオケを作る?

パソコン・クラブの勉強会で、「カラオケが作れるよ。」という人がいて、皆でやってみることに。
a0053420_16283371.jpg
「家で、カラオケを気軽に楽しめたら、楽しいだろうなぁ。」と期待しながら勉強中。さぁ~て、どうなりますか?  
[PR]
# by rapole | 2014-10-24 21:14 | パソコン | Comments(0)

「北斎展」へ

東京、上野の森美術館で開催されている「北斎展」(「ボストン美術館・浮世絵名品展」)に行ってきた。11月9日まで開催。

葛飾北斎
葛飾北斎(1760-1849)は江戸後期に浮世絵師として画界に登場してから90歳で没するまでの約70年間、常にあらたな画様式に挑んだ不撓不屈の画人です。世界中で広く愛されている浮世絵版画の中でも、北斎の作品は特に人気があり、日本のみならず欧米にも熱心なコレクターや研究者が多く、世界各国の美術館に作品が収蔵されています。北斎は、米国のライフ誌が選んだ「この千年で最も重要な出来事・人物」に、唯一名前の挙がった日本人でもあります。

岡倉天心とともに日本美術の保護や振興に努めたことで知られるアーネスト・フェノロサは、日本から米国に帰国してボストン美術館のキュレーターとなった後、1892-93年に第1回特別企画展「HOKUSAI AND HIS SCHOOL」(北斎と一門展)を開催。世界で初めて本格的に北斎を紹介した展覧会でした。それから120年の時を経て、ついに故国日本にボストンの北斎が里帰りしました。
a0053420_12104754.jpg
既に入場者が10万人を突破したとのこと。入口で、すごくたくさんの人が列を作っていて、1時間待ち・・・・・びっくりしたが、せっかく来たのだからと1時間程並んで、やっと入場。中に入っても混雑していて、説明を読みながらゆっくり見ていくと通常の1.5倍~2倍の時間がかかるが仕方がない。休み休み見ていき、その内容の豊富さに感嘆した。

明治の初め、日本は西欧に追いつけ追い越せと、日本の良き文化を忘れ、新しいものを取り入れることにばかり集中した。その結果、日本の伝統的な素晴らしい芸術作品をおろそかにし、その保護をしなかった。その為、浮世絵等が海外に流出してしまったのだ。

展示品を見ながら、こんなにもたくさんの素晴らしい日本の絵が皆、ボストン美術館で保管されているなんて・・・・・・と悔しさを通り越して悲しくなってしまった。

今、世界で日本の文化が注目を集めている。「和食」に引き続き、先日「和紙」も世界無形文化遺産に登録された。まだまだ日本全国に色々な日本独自の文化が眠っている。私達が当たり前と思っているものにも、海外の旅行者などが関心を示し、見たり体験したりしている。世界に誇れるこのような日本の文化を、もっと私達日本人が大切に守っていかなくては!!!
[PR]
# by rapole | 2014-10-22 21:48 | 芸術・文学 | Comments(0)