ブログトップ

茜色の空

どろぼう

昨夜、我が家の裏の家2軒にどろぼうが入った。夜6時から10時までの犯行らしい。2軒ともその時間に家を留守にしていた。隣接している我が家も隣の家も在宅だったのに、全然気が付かなかった。5時過ぎに暗くなったので雨戸を閉め、テレビを見たり、食事をしたりしていたが、物音など全く感知せず。

夜10時過ぎに帰宅した裏の人が、異変に気づき、警察を呼んだ。夜中の12時頃、数人の警官の現場検証の声に気づき、燐家へ行ってみて、2軒やられたことを知らされた。裏の家は、飾り出窓のガラスの、鍵の付いている部分をほんの少し切られて侵入された。その隣は、勝手口の戸の鍵をこじ開けて侵入されたらしい。
a0053420_1142374.jpg
今朝、庭に出てみて、我が家の庭が進入経路になっていたことを発見。隣家との境の塀の横の鉢植えの木が倒され、その周辺の草花が踏みしだかれていた。裏の家の奥さんの話だと、現金、カード類、貴金属、ブランド物のバッグ、ノートパソコンなどを盗っていかれたとのこと。「家の中はぐしゃぐしゃよ。昨夜はショックで眠れなかったわ。昨夜はたまたま外出したの。それをどこかで見ていたのよ。怖いよね。」と疲れた顔で話してくれた。

人ごとだと思っていた「どろぼう」が、こんな身近で起こった。よくテレビで、どろぼうに入られたニュースや、特集を見ていて、「気をつけなきゃいけないね。」と話してはいたが、まさか裏の家で起こるなんて!今回、たまたま裏の家2軒だったが、ひょっとしたら、それが我が家になっていたかもしれない。ほんの短い間に2軒も泥棒に入るなんて・・・・・・怖い。念入りな下見をしてからの侵入とのこと。我が家のこともきっとしっかり調べてあるのだろうな。「明日は我が身」かと思うと本当に恐ろしい。
[PR]
# by rapole | 2005-11-09 18:09 | 出来事 | Comments(0)

秋晴れの空

a0053420_09928.jpg
秋晴れの一日。天高く馬肥ゆる秋。まさにこの表現がぴったりの美しい青空の広がった日だった。今日も庭でパンジーや葉牡丹を植えたりした。
[PR]
# by rapole | 2005-11-08 23:23 | 日常 | Comments(0)

パンジー

a0053420_22211579.jpg
ホームセンターに行き、パンジーを買った。秋から来春まで、可愛い花々が我が家の庭を彩ってくれる。パンジー、ビオラ共に大好きな花。
[PR]
# by rapole | 2005-11-07 22:23 | | Comments(0)

年賀状

a0053420_2355247.jpg
今年も、あと2ヶ月程で終わり。月日の経つのの早いこと・・・・・。年賀状の原案を作ってみた。来年は戌年だから、リリーの写真を載せようと、数種類の中から選んだのが、この写真。これからしばらくで、もっといいのが撮れたらそれにしよう。
[PR]
# by rapole | 2005-11-06 20:04 | | Comments(0)

事故

今日犬の散歩に行った時、道を歩いていたら、後ろで「ドーン」
という音がした。びっくりして振り向くと、人が倒れ、小型乗用車の
前部がぐしゃぐしゃになっていた。その道のすぐ前の家の人が
飛び出してきて、救急車を呼び、警察に連絡してくれていた。
倒れた人は、オートバイに乗っていて、T字型の細い道での
出会い頭の事故だった。車を運転していた人は気が付いて、
急ブレーキをかけたが、間に合わなかったと言う。倒れた人は、
頭を打ったようだが、話しかけると普通に話していた。でも救急車が
来るまでは、動かさない方がいいだろうと、そのままの状態で。
a0053420_21322339.jpg
事故を間近に見たのは初めてで、本当にびっくりした。
私も車を運転するので、人ごとではなく、いつ何時事故に
巻き込まれるか分からないと、あらためて身が引き締まる
思いがした。
[PR]
# by rapole | 2005-11-05 21:08 | 出来事 | Comments(0)

見学

秋晴れの爽やかな一日、市の文化財指定予定の
家屋を見に行ってきた。江戸末期頃の建築で、地方の豪農の
木造の古民家。風雪に耐え、何百年も時を経て、今尚立派に
建っている、風格のある建物。昨年までは、持ち主が住んで
いらしたとのこと。ご逝去され、市に寄贈された。
a0053420_0351025.jpg

[PR]
# by rapole | 2005-11-04 19:09 | 芸術・文学 | Comments(0)

ルリマツリ


庭に、ルリマツリが咲いている。小さな水色の花で、次々と花を咲かせ、ずいぶん
長く楽しませてくれる。可憐で、大好きな花の一つ。
a0053420_117768.jpg

[PR]
# by rapole | 2005-11-03 20:57 | | Comments(0)

コンサート

先日、友人のコンサートに行ってきた。混声合唱団に入り、活躍している。 
子育ても終わり、ご主人と二人で「悠々自適」(?)の生活を楽しんでいる。
a0053420_0363954.jpg

その合唱団の団員の中には、80代の女性もいらっしゃるとのこと。
日々の生活の中で、歌うことを上手に取り入れ、生きがいにして
いらっしゃるのだろう。その美しい歌声に耳を傾けながら、うらやましくなって
しまった。「私も、もっと美声なら、挑戦してみたい!」と。
[PR]
# by rapole | 2005-11-02 21:34 | 芸術・文学 | Comments(0)

コスモス

a0053420_1165791.jpg


今年もコスモスが綺麗に咲いた。やわらかく風になびいて咲くその風情は、
なんともいえない。大好きな花のひとつ。今日のお散歩で見たら、もう大分
散ってしまった。秋が終わりに近いのを感じる。
[PR]
# by rapole | 2005-11-01 01:23 | | Comments(0)

ハリーポッター


今、「ハリー・ポッター」にはまっている。
第一巻「ハリー・ポッターと賢者の石」
第二巻「ハリー・ポッターと秘密の部屋」
第三巻「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」
第四巻「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」
第五巻「ハリー・ポッターと白鳥の騎士団」
現在、第五巻まで出版されている。

魔法使いのハリー・ポッター少年が、ホグワーツ魔法学校で、
ロンやハーマイオニーという親友と出会い、学校生活を楽しんで
いるのだが、闇の魔法使い「例のあの人」との、因縁深い
生死をかけた闘いが繰り広げられている。
a0053420_12141230.jpg


第一巻を手に取り、面白くって一気に読んでしまった。
それから次が待ち遠しくて・・・・・。
忙しかったこともあり、今第五巻を読んでいる。
だんだん前に出てきた話とのつながりが解き明かされていき、
一巻で布石として出てきたものが、意外な展開で話が紡がれていき、
面白くて引き込まれる。

作者の、J.K.ローリング女史の頭の構造は一体どうなって
いるのだろう。「よくもまあ、こんな物語を思いつくなあ。」
と、ただ、ただ感心するばかり。
子供だけでなく、大人が読んでも面白い。次が楽しみ。
[PR]
# by rapole | 2005-10-31 12:03 | 芸術・文学 | Comments(0)