ブログトップ

茜色の空

<   2012年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

さようなら! 北海道

北海道とも今日でお別れ。新千歳空港で、温泉発見! 最近、羽田空港等でも温泉があり、旅の疲れをちょっと癒してから、次の目的地へ行って下さいということかな。
a0053420_1018135.jpg
最近人気のアニメ、初音ミクの小さな展示も。
a0053420_1022876.jpg
成田空港に到着。
a0053420_10314462.jpg
久しぶりの飛行機に乗っての旅行、楽しかった。       国際空港・・・・・・次は、海外旅行に行きたいな!
a0053420_10262073.jpg
a0053420_1026447.jpg
小樽のオルゴール館でみつけた、素敵なメリーゴーランド。青と赤に光り、スマップの「世界に一つだけの花」を奏でてくれる。
a0053420_10322017.jpg

                    札幌で出会った「ふくろう」      
[PR]
by rapole | 2012-02-09 21:14 | 旅行 | Comments(0)

小樽観光

ホテルのロビーの照明が、和紙でくるんで趣きがあり、素敵だったので思わずパチリ。
a0053420_12365470.jpg

a0053420_12282248.jpg
今日は小樽の街を散策。
「運河通り」・・・もともとニシン漁で賑わっていた小樽。明治に入ると札幌の建築物の為の資材搬入をする港としてさらに繁栄。大正3年~12年にかけ造成工事が始まり、運河が完成した。昭和30年代には衰退し、保存か埋め立てかで論争され、61年に半分が埋め立てられ散策路になった。今では、古い倉庫がショップやレストラン等に利用され、小樽の代表的な観光スポットに。
a0053420_12284999.jpg
人力車がたくさん・・・・・乗ってみたかったが、今回は乗らずに歩いて・・・。
a0053420_21324194.jpg
 運河通りなど、夜にはライトアップされ、「雪あかりの路」と銘打ってイベントが開催されるとのこと。見たかったが、残念ながら見ずに帰ってしまった。その時、これらの雪で作っただるま等にろうそくの灯りが灯り、ほんのりとあたりを照らすという。
a0053420_2134503.jpg
なかなか風情のある佇まいに、しばし魅入っていた。 
a0053420_2144589.jpg
 「北一ヴェネツィア美術館」へ。  イタリア北部に位置する「水の都」ヴェネツィア。北一ヴェネツィア美術館は、古都ヴェネツィアの古くから受け継がれた、豊かで潤いのある文化を紹介する美術館 として、1988年に開館しました。     
a0053420_21524278.jpg
 ゴンドラが店内に。
a0053420_21533164.jpg
小樽オルゴール堂へ。明治45年に建てられた本堂。
a0053420_2154086.jpg
  

a0053420_2245517.jpg
 カラフルな、愛らしいオルゴールがたくさん並んでいて・・・。
a0053420_2252717.jpg


a0053420_2255779.jpg
素敵な建物が、点在していて、そぞろ歩きが楽しかった。  
a0053420_2272574.jpg
                洋菓子舗ルタオ      
ノスタルジックな雰囲気漂う建物が、そこここに。
a0053420_2294613.jpg


a0053420_22112315.jpg
             小樽浪漫館
a0053420_2213258.jpg
              大正硝子館
a0053420_221811.jpg
   
a0053420_22281097.jpg
            日本銀行小樽支店
a0053420_22214471.jpg
滑りやすい雪道を必死に転ばないよう歩いて、やっと見つけたカフェで一休み。そこで飲んだコーヒーは、とびきり美味しかった。その店に飾ってあった「ふくろうさん」。  
[PR]
by rapole | 2012-02-08 21:19 | 旅行 | Comments(0)

札幌観光

翌朝、ホテルで朝食を食べながら、眼下を見下ろすと札幌の雪景色が一面に広がっていた。中島公園がすぐ前に見え、藻岩山などの山々の連なりがくっきりと。
a0053420_1243264.jpg


a0053420_1245022.jpg

中島公園の中にある、明治文化の薫り漂う豊平館を見た。明治13年に北海道開拓史直属の洋風ホテルとして建てられた。明治天皇が行幸の際、宿泊されたのが初めての客とのことl。現在は結婚式場や喫茶、レストランとして使用されている、とのこと。ブルーの綺麗な会館。
a0053420_12145681.jpg
その後、札幌駅に出て、JR札幌駅に隣接したJRタワーの最上階36階へ。
a0053420_126871.jpg
あいにくの曇り空で、全方向360度見渡せるタワーのトップだが、ぼんやりとしか見えなかった。このすぐ後ろは北大だが、かすんでしまっていて・・・・・。
赤レンガ(北海道庁旧本庁舎)は、アメリカ風ネオ・バロック様式のれんが造りで、明治21年に建てられた。内部は樺太関係資料館や道立図書館などとして、一般公開されている
a0053420_21413129.jpg
たくさんの人が雪だるまの前で記念撮影をしていた。
a0053420_10493889.jpg
その後、親類の家に。久しぶりに会って、積もる話で盛り上がった後、札幌市の新しいテーマパークとして話題になっている、「白い恋人パーク」へ車で送ってもらった。
白い恋人パーク」は、「白い恋人」の製造工場の見学やクッキー作りが楽しめるお菓子づくりの体験工房、オリジナルスイーツが味わえるカフェ、「コンサドーレ札幌」を身近に感じられる総合サッカー施設などからなる夢の施設です。また、「白い恋人鉄道」、「蓄音器ギャラリー」は必見とのこと。

a0053420_10524482.jpg
 

         「オーロラの泉」
a0053420_11101180.jpg
               
a0053420_1112293.jpg

 白い恋人というお菓子の製造工程を上の階から眺められる。
a0053420_11145223.jpg

             蓄音器ギャラリー
a0053420_11161324.jpg

                  おもちゃがたくさん飾られていて・・・
a0053420_11183650.jpg

a0053420_11215146.jpg
               懐かしい昭和の日々のひとこまが・・・
a0053420_11242750.jpg

                    鉄腕アトムも・・・
カフェで、美味しいスイーツを戴きながら、窓の外に広がるライトアップされた光景を眺めて・・・。
a0053420_11582317.jpg

a0053420_1132552.jpg
外国からのお客さんも結構来ていて、ファンタジックな世界を楽しんでいた。
a0053420_11345588.jpg
雪の降りしきる中、幻想的な眺めに見惚れて、しばし心を遊ばせて・・・。
a0053420_11493975.jpg
ホテルに帰って、部屋の窓から外を見下ろすと、ここでもライトアップが。
a0053420_1150403.jpg

[PR]
by rapole | 2012-02-07 21:56 | 旅行 | Comments(0)

北海道への旅

北海道へ「雪まつり」を見にいった。いつもテレビで見ていて、行って見たいと思っていたが、ひょんなことから実現。
a0053420_14485635.jpg
羽田空港から千歳空港へ、いざ出発!
2月6日から12日まで開催されている「札幌雪まつり」。大通り公園の会場で、綺麗にライトアップされた雪像を見て歩いた。
a0053420_17332048.jpg
               「雪の水族館」  
a0053420_17382612.jpg
        「魔法よ、みんなに届け」・・ディズニーリゾート   
a0053420_17432554.jpg
              故宮博物館(台湾)
a0053420_17451134.jpg
             タージ・マハル(インド) 
a0053420_18134234.jpg
            会津・鶴ヶ城
a0053420_18142355.jpg

a0053420_18145787.jpg
                       野田城
a0053420_18154623.jpg
             
       「トリコ X ワンピース」
全国フジテレビ系列で、毎週日曜日午前9時台に放送中の、二つのアニメ「トリコ」と「ワンピース」の夢のコラボレーションとか。子供達が歓声をあげながら、見ていた。
a0053420_18222664.jpg

a0053420_18224552.jpg

a0053420_18231216.jpg
 
a0053420_18252071.jpg
市民団体などの作った雪像もたくさんあって、大勢の人が楽しそうに見て回っていた。この雪まつりに約200万人が集うとのこと。外国人もそこここで見られ、その人気の高さがうかがえた。

雪まつり後は、即、撤去されてしまうとのこと。「せっかく作ったのにもったいない!」と思ったけれど、「雪が溶けて倒壊の恐れがあり、危険だから。」と聞いて、納得した。夏の花火と同じで、その一瞬の美しさ、儚さが、いいのだろう。   
[PR]
by rapole | 2012-02-06 21:44 | 旅行 | Comments(1)