ブログトップ

茜色の空

東京・丸の内散歩

東京・丸の内界隈を、いとこと散策した。
a0053420_1855537.jpg

三菱一号館美術館へ。
1894(明治27)年、開国間もない日本政府が招聘した英国人建築家ジョサイア・コンドルによって設計された、三菱が東京・丸の内に建設した初めての洋風事務所建築です。全館に19世紀後半の英国で流行したクイーン・アン様式が用いられています。この建物は老朽化のために1968(昭和43)年に解体されましたが、40年あまりの時を経て、コンドルの原設計に則って同じ地によみがえりました
a0053420_1810421.jpg
6月13日までは、展示替え・メンテナンスの為、休館中だったが、バラが綺麗に咲く中庭をそぞろ歩きした。
a0053420_18125280.jpg
横浜に住んでいたいとこは、今年から長野へ移住。ご主人が定年後、夢だったワイン作りを始める為で、今奮闘中とか。がんばって下さいね!
a0053420_18132536.jpg
東京に用事があって出てきたので、と久しぶりに会ってお喋りを楽しんだ。
a0053420_18171116.jpg

[PR]
by rapole | 2011-05-26 21:03 | ちい散歩 | Comments(2)

公園のパンダ

リリーとお散歩中、この時期は色々なところのお花が特に美しくてキョロキョロと。
a0053420_1654199.jpg
先日美容院へ行ったばかりのリリーも、お花を愛でて・・・・・。
a0053420_16543653.jpg
この公園を通りかかる時、パンダが徐々に現れて楽しみ。
a0053420_1705095.jpg
真正面から見ると、ただの白と黒の棒なのだが・・・・・・。
a0053420_1713726.jpg
歩いて行くと、徐々に形がはっきりしてきて・・・・・。
a0053420_172113.jpg
パンダがくっきりと。
a0053420_1722146.jpg

[PR]
by rapole | 2011-05-25 21:50 | | Comments(0)

「ボストン美術館浮世絵名品展」を見に、千葉市美術館へ行ってきた。

ボストン美術館は、アメリカ東海岸のボストンに、1870年に設立されました。古代から現代まで、世界各地の文化圏の美術を網羅した総合美術館で、一世紀以上にわたって収集された所蔵品は45万点以上にのぼります。

なかでも、日本美術は、日本国外では質量ともに世界屈指のコレクションを誇ります。ボストン美術館のコレクションのなかでも浮世絵はとりわけ有名で、江戸初期から幕末、明治まで5万点もの版画、700点以上の肉筆画、数千点に及ぶ絵本、絵入本を所蔵しています。
a0053420_22385544.jpg
入口で浮世絵の女性がお出迎え。
a0053420_22392234.jpg
清永、歌麿、写楽など錦絵の黄金時代の作品の数々が・・・・・中でも、1年弱ほどしか活動しなかったという写楽に魅せられた。
a0053420_22393772.jpg
以前アメリカ、ボストンに行った時、ボストン美術館へも行ったが、他の作品も多く、浮世絵は少ししか見ていなかったと思う。今回、浮世絵だけに絞り展示されているので見ごたえがあった。

それにしても、こんなにたくさんの浮世絵が、日本ではなく、海外のボストンで保存されているのは、日本人としては複雑な心境。当時、海外の人の方が、その価値に気付き、いち早く収集したからだけれど、身近過ぎてその値打ちに気付かないことって、結構他でもありそうな気がする。
[PR]
by rapole | 2011-05-23 21:32 | 芸術・文学 | Comments(2)

畑には・・・

畑へ行き、その横にある公園をリリーとお散歩。
a0053420_2222624.jpg
チューリップは咲き終わり、今はポピーが満開に。
a0053420_22223749.jpg
今年のニンニクは、8割くらいが順調に成育中。あと少しで収穫・・・・・・はたして大きなニンニクが採れるかな?
a0053420_22311545.jpg

[PR]
by rapole | 2011-05-21 22:16 | 出来事 | Comments(2)

綺麗なお花を有難う!

また、時の経つのが早いと感じさせられる日が・・・日々の暮らしの中で、漢字がすぐ出てこないとか、人の名前をど忘れしたとか、年を感じる日々。またひとつ年をとってしまって・・・お誕生日が嬉しいのはいつごろまでだろう?
a0053420_18105585.jpg
恒例の息子のところからの、お花のプレゼントが届いた。今年は「白」・・・・百合がとても芳しく、いいにおいで祝ってくれている。どうも有り難う!
a0053420_18122246.jpg

[PR]
by rapole | 2011-05-19 21:08 | 出来事 | Comments(2)

フランスのお城を思わせる素敵な館へ、お友達と。
a0053420_16434821.jpg
那須にお家を建てたお友達が、4月にそちらへ行ってしまったので寂しいなと思っていた。色々忙しくてその時会えなかったが、出てきたので会いたいと連絡あり。それで以前、「一緒に行きましょう。」と言っていて行けなかったお城へ。
a0053420_1531392.jpg
玄関にステンドグラスがあり、そのモデルがこの極楽鳥。インドネシアの元大統領、スカルノ氏から頂いたとのこと。
a0053420_15311417.jpg
黒田清輝氏のお孫さんが制作された素晴らしいステンドグラス。

美味しいコーヒーを戴いた後、館主に素敵なロココ調のお部屋や調度品などを説明してもらって、彼女も大満足。(初めての人にはざっと館内を案内して下さる)

久しぶりに会ったのでお喋りに花が咲いた。お家の庭に色々な野菜や花を植えたので、収穫が楽しみとのこと。周りに自然がいっぱいで、お散歩をしていたら「あかげら」が鳴いていたとも。定年後(ご主人が)の生き方の1つとして、こんなのもいいなぁ。
[PR]
by rapole | 2011-05-13 21:19 | ちい散歩 | Comments(2)

お琴の音色

カナダ人女性が、手作りのクッキー持参で我が家へ。 5月16日にはカナダに帰ってしまうので、お別れに。忙しいので、もう会えずに帰ってしまうのかなと思っていたが、なんとか会えてよかった。

また日本に来たいと言っているが、カナダに帰った後、たぶんアメリカ・メキシコに行くだろうとのこと。イタリアにも行きたいな、とも。まだ若いから、何でも出来る。話していて羨ましくなってしまった。「あなたには無限の可能性があるのだから、頑張ってね!」とエールをおくった。
パソコンに入っている(アクセサリーの中)ペイントを使って、絵を描く方法を伝授。そして、(練習不足で下手な)お琴を弾いて聴かせた。その後自分でつま弾いて、興味深そうにお琴の音色を楽しんでいた。
a0053420_16225039.jpg


「これからも連絡を取りあおうね。」と言い合い、お別れした。
[PR]
by rapole | 2011-05-12 21:27 | 出来事 | Comments(0)

お茶缶とリリー

新茶の季節、綺麗な入れ物に入った新茶を頂いた。
a0053420_15202514.jpg
リリーも興味深そうに・・・・・。
a0053420_15264335.jpg

[PR]
by rapole | 2011-05-10 15:18 | | Comments(0)

お馬さんに乗って・・・

リリーと手賀沼へお散歩に行ったら、お馬さんが歩いていた。広場にロープを張って、そこで乗馬をさせていたのだ。
a0053420_10304845.jpg
ゴールデンウィーク最終日、親子連れが行列を作って順番を待っていた。
a0053420_10343720.jpg
お馬さんに乗せてもらって、嬉しそう。
a0053420_10351091.jpg
少し歩いて行ったら、白鳥が・・・・・・どうやらお母さん白鳥が卵を温めている様子。その横でお父さん白鳥が巣を作る木切れをせっせ集めていて、数人の散歩中の人がしばし見とれていた。
a0053420_1031331.jpg

[PR]
by rapole | 2011-05-08 21:20 | ちい散歩 | Comments(0)

すみれちゃん!

畑へお散歩に行ったら、遠くにシェルティが・・・・・「すみれちゃん?」と呼びかけると、やっぱりそうだった。
a0053420_22441726.jpg
「最近はこちらにお散歩に来なくなって・・・。」と飼い主さんがおっしゃっていたので、まさかと思ったのだが・・・・・久しぶりに会えてよかったね!
a0053420_22345134.jpg
藤棚に藤が綺麗に咲いていた。
a0053420_22415534.jpg
可愛いポピーも・・・。
[PR]
by rapole | 2011-05-05 21:53 | | Comments(0)