ブログトップ

茜色の空

<   2009年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

大学キャンパスへ

東京大学、柏キャンパスで、一般公開があるというので、行ってみた。(年一度 2日間)
a0053420_0361323.jpg
たまに前を車で通ることはあったのだが、すごく広い敷地に近代的なビルがどんどん建っていって、中はどんな風かしらと興味を持っていた。今も建設中のビルがあり、古い本郷の東大とは随分雰囲気が違う。柏キャンパスは、東京大学の21世紀における新たな学問の発展に向けた構想に基づいて建設された、本郷、駒場に次ぐ第3のキャンパスとのこと。
a0053420_0465172.jpg
物性研究所の中より、外を見て・・・・・・物性研究所では、エレクトロニクスを始めとして、現代の多様な産業を支える様々な物質の性質を根源から解明し、新しい物質の創成を目指している、とのこと。

宇宙線研究所では、宇宙線の研究を通して、宇宙や物質の起源に迫ろうとしている、とか。
数物連携宇宙研究機構では、数学と物理学の連携により、宇宙の根本的な謎の解明に挑んでいるそうな。

その他、人工物工学研究センター、空間情報科学研究センター、気候システム研究センター、環境安全研究センター柏支所、柏図書館などがある。

研究室ごとに、色々な設備があり、説明を受けたのだが、内容が高度すぎて、私の頭ではほとんど理解不可能・・・・・・・・とほほ!  

日本の輝かしい未来のため、若い学生の皆さん、頑張って下さい!!
[PR]
by rapole | 2009-10-30 21:10 | ちい散歩 | Comments(0)

「手紙」

最近はとんと手紙を書かなくなった。以前は、素敵な便箋と封筒・絵はがきを探して、見つけると嬉しくなり、友達などに書いていたものだけれど・・・・・・・・。

メールや携帯電話という便利なものが普及したので、私の周りでも「最近、手紙を書かないわ。」と言う人が多い。

でも、昔もらった手紙などを見つけた時、読み返してみると、その人の心の一端が垣間見えたり、暖かい気持ちが伝わってくることがある。

今日、テレビで、「手紙   ---親愛なる子供達へ---」という歌を聴いた。前にも聴いて、心に染み入る内容に、じ~~んとしたのだが、今日は、テレビで歌っている歌手、樋口了一さんの歌を追いかけて、歌詞を書き取ってみた。
a0053420_1271354.gif


        「手紙」    ・・・・・・・・・・親愛なる子供達へ・・・・・・・・・・

年老いた私が ある日 今までの私と違っていたとしても どうかそのままの私のことを理解して欲しい
私が服の上に食べ物をこぼしても 靴紐を結びそびれても あなたに色々なことを教えたように 見守って欲しい
あなたと話す時 同じ話を何度も何度も繰り返しても その結末をどうかさえぎらずに うなずいて欲しい
あなたにせがまれて 繰り返し読んだ絵本のあたたかな結末は いつも同じでも私の心を平和にしてくれた

悲しい事ではないんだ   消え去ってゆくように見える私の心へと 励ましのまなざしを向けて欲しい
楽しいひと時に 私が思わず下着を濡らしてしまったり お風呂に入るのを嫌がる時には 思い出して欲しい
あなたを追い回し 何度も着替えさせたり 様々な理由をつけて 嫌がるあなたとお風呂に入った 懐かしい日のことを

悲しい事ではないんだ  旅立ちの前の準備をしている私に 祝福の祈りを捧げて欲しい
いずれ歯も弱り 飲み込むことさえ 出来なくなるかもしれない
足も衰えて 立ち上がる事さえ出来なくなったなら あなたが か弱い足で立ち上がろうと私に助けを求めたように
よろめく私に どうかあなたの手を握らせて欲しい 私の姿を見て悲しんだり 無力だと思わないで欲しい

あなたを抱きしめる力がないのを知るのはつらい事だけど 私を理解して支えてくれる心だけを 持っていて欲しい
きっとそれだけで それだけで 私には勇気が湧いてくるのです
あなたの人生の始まりに 私がしっかりと付き添ったように 
私の人生の終わりに少しだけ 付き添って欲しい

あなたが生まれてくれたことで 私が受けた多くの喜びと あなたに対する変わらぬ愛を持って 笑顔で答えたい
私の子供達へ 愛する子供達へ  


かなりシビアな内容だが、人の心の琴線に触れるいい歌。聴き手の年代によっても、受け取り方は違ってくる。  今、静かに流行しているとのこと。 色々な人が共感し、人の輪廻に思いを馳せていることだろう。

私は、数年前に亡くなった父母のことを思い出して、涙がほろり・・・・・。 かあさんが、「人は順送りだよ。」と言っていたっけ。 もう少ししたら、自分が今度はこの、愛する子供達へと言っている女性の立場になるのだわ・・・・・・・・・・そう考えたら・・・身が引き締まる思い。
[PR]
by rapole | 2009-10-24 22:06 | 芸術・文学 | Comments(4)

日本の美

東京、上野にある「国立博物館」へ、今開催中の「皇室の名宝」展を見に行ってきた。
a0053420_21464149.jpg
天皇陛下御即位20周年を記念し、皇室ゆかりの名宝を集めた特別展。御物および、正倉院や三の丸尚蔵館など宮内庁が所蔵する作品を、1期、2期に分けて展示。
a0053420_21473899.jpg
a0053420_2148521.jpg
a0053420_2149968.jpg
平成館で開催されていて、11時頃入館しようとしたが、人が一杯で10分程の入場制限が・・・・待ったかいあったと思える内容の濃い展示品の数々で、また2期も行きたいと思った。
a0053420_21494979.jpg
同じ上野公園内にある国立西洋博物館の本館は、ル・コルビジュの建築ということで、今年ユネスコの世界遺産登録に推薦された。2007年には、国の重要文化財(建造物)に指定されている。
a0053420_21502456.jpg
 
a0053420_21505995.jpg

a0053420_21511526.jpg

[PR]
by rapole | 2009-10-21 21:04 | 芸術・文学 | Comments(0)

「年賀状講座」開催

昨年12月に、パソコン絵画の講座で講師役を務めたのだが、その同じ内容で違う場所で講座が開催された。

あるシニア団体から依頼を受け(いつもの市主催の講座ではなく)、また私が講師役で、昨年と同じく富士山の年賀状を。
a0053420_0455298.jpg
一つ違うのは、使用するパソコンがWindows のVista版であること。市の会場ではWindowsのXP版が置いてあり、テキストもXP版で作っていたので、Vista版に変更した。

我が家は、ごく最近ノートパソコン(Vista搭載)を買ったので、あわててそれでVista版に慣れる為、練習を繰り返した。テキスト作り、会場の下見など、直前までバタバタしていた。

途中でVista版のペイントが突然2度もエラーとなり、描いていた絵が消えてあわてたりしたが、なんとか無事終了した。 受講生は、普段パソコンは色々使い慣れていらっしゃる方が多かったが、ペイントというソフトを使って絵を描くことはしていない方も多く、四苦八苦している方も・・・・・でも、なんとか皆さん絵が完成し、嬉しそうな表情を見せていらっしゃったので、ほっとした。
[PR]
by rapole | 2009-10-18 21:38 | ボランティア | Comments(0)

影絵?

のどかな秋の昼下がり。 ふと庭に目を向けると・・・・・・・・なんじゃ こりゃ! 
太陽の位置が高くなる、お昼のほんの一時に見ることの出来る、おもしろい光景。風車の影が、網戸に映り、また床にも・・・。
a0053420_23582683.jpg
前から撮りたいと思っていて、やっと今日実現した。
[PR]
by rapole | 2009-10-15 20:45 | 日常 | Comments(2)

コスモス満開

畑へ行き、ナスを収穫。大分こぶりになっているが、まだ実がなっているので、もう少し抜くのは待つことに。
a0053420_12131554.jpg
その後、コスモスが一面きれいに咲いている公園をお散歩・・・・・・黄花コスモスの前でのリリー。
a0053420_1214337.jpg
風車の前では、春はチューリップ、夏はひまわり、秋はコスモスと、きれいな花が咲き乱れる。
a0053420_17525841.jpg
この道は、大好きな道のひとつ・・・・・・・・・・たおやかなコスモスが秋風にたなびいて・・・。
a0053420_17594993.jpg

[PR]
by rapole | 2009-10-04 20:12 | | Comments(2)

もしもし亀よ、亀さんよ

ご近所に亀を飼っているお宅があり、時々家の前の道を、お散歩している。
a0053420_23192063.jpg

うまくいくと、リリーのお散歩の時出会うことがあるが、久しぶりに見たら大きくなっていてびっくり!
a0053420_23104522.jpg
近所の子供も、「あ~ぁ かめさんだぁ~!」と大喜び。
[PR]
by rapole | 2009-10-01 21:12 | 日常 | Comments(0)