ブログトップ

茜色の空

カテゴリ:芸術・文学( 91 )

歌舞伎座「閉場式」

老朽化に伴い建て替えられることになった「歌舞伎座」。 重要無形文化財に指定され、また、ユネスコにも世界無形遺産として登録されている。
a0053420_1442610.jpg
4月30日で閉場となり、29階建て商業ビルを併設する、新しい歌舞伎座は2013年春完成予定とのこと。その間の興行は新橋演舞場等で行われるという。今日は大勢のファンが、最後の別れを惜しみ詰めかけていたそうな・・・・・時々観劇に行っていた歌舞伎ファンとして、この趣ある劇場がなくなってしまうのは寂しい。
[PR]
by rapole | 2010-04-30 21:33 | 芸術・文学 | Comments(0)

合唱団の演奏会へ

松戸にある、「森のホール」へコンサートを聴きに行ってきた。お友達と二人でドライブしたのはいいのだが、道を間違えて、なかなか辿り着けず、開演に間に合うかしらと焦った。

これまで数度行っていて、分かっているはずなのに、一つ道を間違えて、すぐ近くまで行っていて辿り着けず、その周辺をウロウロ。我ながら情けなくて・・・・・なんとか着いた時は本当にほっとした。

松戸市の「リンリーズ」という混声合唱団で、指揮者は吉岡弘行氏。

1. スタジオジブリ名曲集
    1.世界の約束  (「パウルの動く城」より)
    2.となりのトトロ (「となりのトトロ」より)
    3.崖の上のポニョ(「崖の上のポニョ」より)
    4.やさしさに包まれたなら(「魔女の宅急便」より)
2.世界をめぐる合唱の旅
    1.カリンカ
    2.チリコン・カルネ
    3.アロハ・オエ
    4.タンゴ・ジェラシー
3.清らかな弦楽の調べ
    弦楽の為のスイート(組曲)   
       さすらい   
       私の青い縁取りのボンネット  
       おお、ウェイリー、ウェイリー
       アイロンをかけまくる
4.現代作曲家による教会音楽   
       ミサ曲      作曲:スティーブ・ドブロゴス

一緒に行ったお友達も合唱団に入っていて、そのコンサートなど今まで何度も聴いているが、今回のは遊び心に溢れた楽しい演出が一杯で楽しかった。歌声だけでなく、フラダンスやタンゴ、「スタジオジブリ名曲集」などはポニョの格好で歌う人がいたりと目でも楽しませてもらった。
[PR]
by rapole | 2010-02-28 21:10 | 芸術・文学 | Comments(0)

サラリーマン川柳

サラリーマン川柳、入選100句が選ばれた、とのこと。3/12 まで人気投票をし、10作品を選ぶという。
今の世相を現していて、面白い。読んでいて、思わずクスッと笑ってしまう。
a0053420_23201847.jpg

二人の子 婚活 就活 親カツカツ

もやしっ子 草食系に 成長し

「先を読め!」 言った先輩 リストラに

節約と 人には言わず エコと言う

仕分人 口調が 妻とそっくりだ!

新型は 女房車で 俺インフル

仕分人 妻に比べりゃ まだ甘い

不景気で 就活あきらめ 婚活へ

妻キレて 「来とうなかった 嫁になど」
[PR]
by rapole | 2010-02-16 12:31 | 芸術・文学 | Comments(4)

コンサートへ

今年も、友人の定期コンサートへ行ってきた。モーツアルトの交響曲とミサ曲を、オーケストラと男女混声合唱団が、薫り高く歌いあげた。(写真撮影禁止だったのが、残念)
a0053420_22321610.jpg
昨年までは、バッハやヘンデルなどの曲で古典的な雰囲気だったが、今年はモーツアルトで、なじみ易い感じがした。ソロのソプラノ・アルト・テノール・バリトンの歌手が、とても素晴らしい歌声を披露してくれて、惹き込まれた。
a0053420_21423570.jpg
会場が、晴海トリトンスクエアの隣だったので、終わってからしばらく散策した。
a0053420_22531153.jpg
レストランや洒落たショップが店を連ねていた。
a0053420_2314790.jpg
勝どき橋の近くを歩いて・・・。
a0053420_22572976.jpg
その後、東京駅、丸の内へ行き、ライトアップされた夜景を楽しんだ。
a0053420_2343828.jpg
大勢の人が、そぞろ歩きをしたり、夜店を覘いたりしてクリスマス気分を満喫していた。
a0053420_235421.jpg
電動自転車が、無料で希望者を乗せていて、子供や若いカップルが嬉しそうにはしゃいでいた。
a0053420_2355441.jpg

[PR]
by rapole | 2009-12-13 21:31 | 芸術・文学 | Comments(0)

「手紙」

最近はとんと手紙を書かなくなった。以前は、素敵な便箋と封筒・絵はがきを探して、見つけると嬉しくなり、友達などに書いていたものだけれど・・・・・・・・。

メールや携帯電話という便利なものが普及したので、私の周りでも「最近、手紙を書かないわ。」と言う人が多い。

でも、昔もらった手紙などを見つけた時、読み返してみると、その人の心の一端が垣間見えたり、暖かい気持ちが伝わってくることがある。

今日、テレビで、「手紙   ---親愛なる子供達へ---」という歌を聴いた。前にも聴いて、心に染み入る内容に、じ~~んとしたのだが、今日は、テレビで歌っている歌手、樋口了一さんの歌を追いかけて、歌詞を書き取ってみた。
a0053420_1271354.gif


        「手紙」    ・・・・・・・・・・親愛なる子供達へ・・・・・・・・・・

年老いた私が ある日 今までの私と違っていたとしても どうかそのままの私のことを理解して欲しい
私が服の上に食べ物をこぼしても 靴紐を結びそびれても あなたに色々なことを教えたように 見守って欲しい
あなたと話す時 同じ話を何度も何度も繰り返しても その結末をどうかさえぎらずに うなずいて欲しい
あなたにせがまれて 繰り返し読んだ絵本のあたたかな結末は いつも同じでも私の心を平和にしてくれた

悲しい事ではないんだ   消え去ってゆくように見える私の心へと 励ましのまなざしを向けて欲しい
楽しいひと時に 私が思わず下着を濡らしてしまったり お風呂に入るのを嫌がる時には 思い出して欲しい
あなたを追い回し 何度も着替えさせたり 様々な理由をつけて 嫌がるあなたとお風呂に入った 懐かしい日のことを

悲しい事ではないんだ  旅立ちの前の準備をしている私に 祝福の祈りを捧げて欲しい
いずれ歯も弱り 飲み込むことさえ 出来なくなるかもしれない
足も衰えて 立ち上がる事さえ出来なくなったなら あなたが か弱い足で立ち上がろうと私に助けを求めたように
よろめく私に どうかあなたの手を握らせて欲しい 私の姿を見て悲しんだり 無力だと思わないで欲しい

あなたを抱きしめる力がないのを知るのはつらい事だけど 私を理解して支えてくれる心だけを 持っていて欲しい
きっとそれだけで それだけで 私には勇気が湧いてくるのです
あなたの人生の始まりに 私がしっかりと付き添ったように 
私の人生の終わりに少しだけ 付き添って欲しい

あなたが生まれてくれたことで 私が受けた多くの喜びと あなたに対する変わらぬ愛を持って 笑顔で答えたい
私の子供達へ 愛する子供達へ  


かなりシビアな内容だが、人の心の琴線に触れるいい歌。聴き手の年代によっても、受け取り方は違ってくる。  今、静かに流行しているとのこと。 色々な人が共感し、人の輪廻に思いを馳せていることだろう。

私は、数年前に亡くなった父母のことを思い出して、涙がほろり・・・・・。 かあさんが、「人は順送りだよ。」と言っていたっけ。 もう少ししたら、自分が今度はこの、愛する子供達へと言っている女性の立場になるのだわ・・・・・・・・・・そう考えたら・・・身が引き締まる思い。
[PR]
by rapole | 2009-10-24 22:06 | 芸術・文学 | Comments(4)

日本の美

東京、上野にある「国立博物館」へ、今開催中の「皇室の名宝」展を見に行ってきた。
a0053420_21464149.jpg
天皇陛下御即位20周年を記念し、皇室ゆかりの名宝を集めた特別展。御物および、正倉院や三の丸尚蔵館など宮内庁が所蔵する作品を、1期、2期に分けて展示。
a0053420_21473899.jpg
a0053420_2148521.jpg
a0053420_2149968.jpg
平成館で開催されていて、11時頃入館しようとしたが、人が一杯で10分程の入場制限が・・・・待ったかいあったと思える内容の濃い展示品の数々で、また2期も行きたいと思った。
a0053420_21494979.jpg
同じ上野公園内にある国立西洋博物館の本館は、ル・コルビジュの建築ということで、今年ユネスコの世界遺産登録に推薦された。2007年には、国の重要文化財(建造物)に指定されている。
a0053420_21502456.jpg
 
a0053420_21505995.jpg

a0053420_21511526.jpg

[PR]
by rapole | 2009-10-21 21:04 | 芸術・文学 | Comments(0)

公民館フェスティバル

市の公民館で、フェスティバルが開催されているので行ってきた。
a0053420_23493384.jpg

水彩画の展示されているスペースで、ギター演奏中。コーヒーを飲みながら、フラメンコや禁じられた遊び等美しいギターの調べを楽しんでいる人がたくさんいた。
a0053420_23504097.jpg
絵手紙や布製の飾り物やお花の展示、お茶会などが開かれていて、市民の日頃の成果発表の場として賑わっていた。
a0053420_043043.jpg

[PR]
by rapole | 2009-06-07 21:47 | 芸術・文学 | Comments(0)

「ハリー・ポッター」 にはまっていて、第一巻からずっと読んでいる。もう最終巻・・・・・・。

イギリス人作家、J.K.ローリング女史によるファンタジー小説で、魔法学校を舞台に物語が展開する。闇の帝王ディスティモートとの戦いをめぐるお話だが、最後はハリーポッターが勝利をおさめ、めでたし、めでたしで終わる。

第1巻「ハリー・ポッターと賢者の石」
第2巻「ハリー・ポッターと秘密の部屋」
第3巻「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」
第4巻「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」
第5巻「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」
第6巻「ハリー・ポッターと謎のプリンス」
第7巻「ハリー・ポッターと死の秘宝」(最終巻)

全世界で子供のみならず、大人をも惹きつける面白い小説と大評判で、「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」 まで映画化されている。「ハリー・ポッターと謎のプリンス」 は、2009年7月17日公開予定。「ハリー・ポッターと死の秘宝」は2部作で、2010年11月と2011年5月に上映される予定。

最終巻は上下2巻で、4月初旬に読み始めて、家事もそこそこに魔法使いの世界にどっぷり浸かった1ヶ月だった。最終章を読み終わって、一番印象に残ったのは、魔法学校の教師でスネイプという先生。闇の帝王の手下と思っていたら、実はダンブルドア校長側(正義)で、手下と見せかけて陰ながらハリーを守っていた。最後は闇の帝王に殺されてしまうのだが、なぜハリーを守っていたかというと、ハリーの母リリーに恋していて、その愛は実らずだったが、それでもリリーを想い続け、リリー死後もその子ハリーを見守り続けたのだ。ハラハラドキドキの奇想天外な物語だったが、意外などんでん返しの部分にじ~んとさせられた。
[PR]
by rapole | 2009-04-30 20:05 | 芸術・文学 | Comments(0)

歌舞伎座さよなら公演

来年5月に建替えが決まった歌舞伎座。今年一年、「さよなら公演」として、通しで上演するなど人気のある興行がめじろ押し。
a0053420_2242392.jpg
久しぶりの歌舞伎座。趣きのある建物が老朽化の為、取り壊されると聞きとても残念。そんな思いのファンの方々で、いつも以上に混んでいた。建物にカメラを向け、記念写真を撮っている人もたくさんいた。
a0053420_225039.jpg
3月公演は、「元禄忠臣蔵」。
[PR]
by rapole | 2009-03-24 21:32 | 芸術・文学 | Comments(0)

久しぶりにコンサートへ。

ベートーヴェンの <ピアノ協奏曲 第5番「皇帝」> と <交響曲 第3番「英雄」>
新日本フィルハーモニー交響楽団の演奏
指揮者は、小松 長生氏  ピアノは、若林 顕氏
a0053420_048910.jpg
私は特に、第5番の「皇帝」に感動した。中央に置かれたグランドピアノ・・・・・いきなりピアノ独奏で始まり、その音色の美しいこと!  ピアノってこんなに素晴らしい音が出せるのね、と改めてピアノの魅力を思い知らされた。 演奏が終わって、拍手が鳴り止まない。 若林氏は、アンコールに、ショパンの「エチュード」を弾いて下さった。 これも静かなステキな曲だった。
[PR]
by rapole | 2009-01-10 20:31 | 芸術・文学 | Comments(0)