ブログトップ

茜色の空

カテゴリ:芸術・文学( 84 )

日展ーⅢ

日本画部門
a0053420_16495861.jpg
a0053420_16502628.jpg
a0053420_16504597.jpg
a0053420_16512910.jpg
a0053420_1652862.jpg
a0053420_16523284.jpg
a0053420_16524929.jpg

a0053420_1703591.jpg

a0053420_1713460.jpg

工芸部門
a0053420_17322037.jpg

a0053420_17324618.jpg

a0053420_17332633.jpg

a0053420_17335826.jpg

a0053420_17353228.jpg

a0053420_173634.jpg

a0053420_1736314.jpg

彫刻部門
a0053420_1738117.jpg

a0053420_17383999.jpg

a0053420_1739369.jpg

書道部門
a0053420_17394175.jpg

a0053420_17402691.jpg

途中から、デジカメのカードの残りが少なくなっていることに気づき、撮影を控えていたのだが、やはり恐れていたことが・・・・・・・・・カードがいっぱいになり、撮れなくなった。 絵の素晴らしさに夢中になってしまって・・・・・・・お友達との写真が撮れなくなってしまった。

Mさん いっぱい一緒の写真を撮ろうと思っていたのに、撮れなくてごめんなさい!
今日の想い出は、写真で残せなかったけれど、心に刻んでおいてね! 


その後、東京ミッドタウンへ行き、ランチを。 久しぶりに会ったので、積もる話で時間が足りなかったが、また会うことを約束し、家路に着いた。
[PR]
by rapole | 2011-11-09 21:45 | 芸術・文学 | Comments(0)

日展ーⅡ

日展で、力作揃いの絵を見て、圧倒された。 構図の確かさ、色使いの絶妙さ、題材選びの多様さ、巧みな筆使いで明暗を表現したり、ぼかしを入れたり・・・・・その素晴らしさは、挙げればきりがない。 
a0053420_14383237.jpg

a0053420_15255850.jpg
a0053420_15261327.jpg
a0053420_1527627.jpg
a0053420_15272966.jpg
日本画部門
a0053420_15281128.jpg
a0053420_15283215.jpg
a0053420_15285681.jpg
とても素敵な色合いでいいなと思っていたのだが、上の段にあったので光が反射してしまい、残念!
a0053420_15304176.jpg

a0053420_15312553.jpg
a0053420_15315330.jpg
a0053420_15322739.jpg
a0053420_15324921.jpg
a0053420_15331462.jpg

                  後は明日に。
[PR]
by rapole | 2011-11-08 21:22 | 芸術・文学 | Comments(0)

日展へ

お友達と、六本木にある「国立新美術館」へ「日展」を見に行ってきた。
a0053420_1626697.jpg
平日だが、結構混んでいた。まずは、洋画部門へ。
a0053420_163066.jpg

a0053420_1640698.jpg

a0053420_16402855.jpg

a0053420_16405816.jpg
どれも素晴らしい作品ばかり・・・・・・・・さすが日展!  
a0053420_17295882.jpg

a0053420_1731178.jpg

a0053420_22415567.jpg

a0053420_22421798.jpg

a0053420_22424445.jpg

a0053420_22453010.jpg

a0053420_22455442.jpg

a0053420_22462781.jpg

a0053420_22473112.jpg

a0053420_22491837.jpg

a0053420_16424047.jpg

a0053420_16324418.jpg

a0053420_16331026.jpg
あまりに素敵な絵の数々に、夢中で見惚れていてお友達とはぐれてしまい、結局別々に見て回った。 この後は明日掲載。
[PR]
by rapole | 2011-11-07 21:01 | 芸術・文学 | Comments(0)

二科展へ(2)

二科展の「写真の部」・・・・・・・「組み写真」のコーナー。
a0053420_11365028.jpg
a0053420_1137629.jpg
a0053420_11372329.jpg
a0053420_11382191.jpg

                友達の作品 「陽だまりの中」
今年は主人と次女の病気・ケガと長女の出産があり、上京出来ないと便りあり。また今年も会ってお喋り出来ると楽しみにしていたので残念だったが、彼女の分まで一生懸命見てきた。
Hさん 来年も入選して上京するのを楽しみにしています!  ご主人とお嬢さんが早く良くなられますよう、お祈りしています。  初孫さん ご誕生おめでとうございます!  
a0053420_11445789.jpg
a0053420_1145177.jpg
全国からの作品が、地域別に展示されていてたくさんあり、見るのに時間がかかる。
a0053420_1212168.jpg
a0053420_11482826.jpg
a0053420_11484058.jpg
a0053420_11491942.jpg
a0053420_11493340.jpg

a0053420_11571654.jpg

                亡父の戦友の作品   「昼下がり」
昨年見に行った時、亡き父の戦友の写真をみつけ、すごく嬉しくなった。以前ずっと入場券を送って戴いていて、見に行っていたことを思い出していた。「今年もお元気で出品されているかしら?」と気になっていたが・・・・・・・・ありました!  ますますのご活躍をお祈りしています!
a0053420_12131159.jpg
「絵画の部」へ。
a0053420_12182518.jpg

a0053420_12191710.jpg
a0053420_12545767.jpg
a0053420_12552139.jpg
a0053420_12581267.jpg

[PR]
by rapole | 2011-09-08 21:31 | 芸術・文学 | Comments(0)

二科展へ(1)

東京・六本木にある「国立新美術館」で開催中の「二科展」へ。 今年も、昨年に引き続き友人が写真の部で入選したので、見に行ってきた。
a0053420_2341578.jpg

まずは「彫刻の部」
a0053420_17361942.jpg
豊かなアイデアと卓越した技巧の、楽しい作品がいっぱい!
a0053420_17363775.jpg

a0053420_173937100.jpg

a0053420_2216576.jpg

a0053420_2217172.jpg
a0053420_221903.jpg

a0053420_22213077.jpg
野外展示場の作品。
a0053420_22214759.jpg
野外展示場の作品。
a0053420_2222214.jpg
a0053420_22221959.jpg
a0053420_22223917.jpg
a0053420_22224976.jpg
a0053420_2224165.jpg
a0053420_22243017.jpg
「絵画」・「写真」の部は明日に。
[PR]
by rapole | 2011-09-07 21:00 | 芸術・文学 | Comments(0)

「ボストン美術館浮世絵名品展」を見に、千葉市美術館へ行ってきた。

ボストン美術館は、アメリカ東海岸のボストンに、1870年に設立されました。古代から現代まで、世界各地の文化圏の美術を網羅した総合美術館で、一世紀以上にわたって収集された所蔵品は45万点以上にのぼります。

なかでも、日本美術は、日本国外では質量ともに世界屈指のコレクションを誇ります。ボストン美術館のコレクションのなかでも浮世絵はとりわけ有名で、江戸初期から幕末、明治まで5万点もの版画、700点以上の肉筆画、数千点に及ぶ絵本、絵入本を所蔵しています。
a0053420_22385544.jpg
入口で浮世絵の女性がお出迎え。
a0053420_22392234.jpg
清永、歌麿、写楽など錦絵の黄金時代の作品の数々が・・・・・中でも、1年弱ほどしか活動しなかったという写楽に魅せられた。
a0053420_22393772.jpg
以前アメリカ、ボストンに行った時、ボストン美術館へも行ったが、他の作品も多く、浮世絵は少ししか見ていなかったと思う。今回、浮世絵だけに絞り展示されているので見ごたえがあった。

それにしても、こんなにたくさんの浮世絵が、日本ではなく、海外のボストンで保存されているのは、日本人としては複雑な心境。当時、海外の人の方が、その価値に気付き、いち早く収集したからだけれど、身近過ぎてその値打ちに気付かないことって、結構他でもありそうな気がする。
[PR]
by rapole | 2011-05-23 21:32 | 芸術・文学 | Comments(2)

犬のカレンダー

お友達から、可愛いワンちゃんのカレンダーが届いた。横浜の素敵な建物とワンちゃんが描かれていて、とても繊細で美しい絵。凄く気にいり、お手本にして、真似して描いてみたいと思っている。とてもこんなに素晴らしくは描けないけれど・・・・・Tさん、どうも有り難う!
a0053420_22114220.jpg

[PR]
by rapole | 2010-12-09 21:07 | 芸術・文学 | Comments(0)

国の重要文化財に!

8月29日に見学に行った市の有形文化財「旧吉田家住宅」が、10月15日に国の重要文化財に指定されたとのこと。
a0053420_11502263.jpg
旧吉田家住宅は、江戸時代末期に建てられた名主の屋敷で、ほぼ建築当時の姿が残されています。重厚な造りの主屋や長大な長屋門、美しいたたずまいの書院など、豪農の豊かな暮らしぶりがうかがえます。
a0053420_115514.jpg

身近に素晴らしい文化財があるのだから、これから我が家に遊びに来る人々をここに案内しよう!
[PR]
by rapole | 2010-11-18 11:59 | 芸術・文学 | Comments(2)

久しぶりに歌舞伎を見に行った。東銀座の歌舞伎座は、取り壊されて更地に。あらためて、あの趣ある建物が無くなってしまった、と少々寂しい気持ちに・・・・・新しい歌舞伎座が出来るまでは、新橋演舞場にて。
a0053420_15315394.jpg

「頼朝の死」ーーー源頼朝の三回忌法要の日、父の最期に疑いを抱く頼家が真相を部下に問い詰める。だが、決して明かそうとしない部下と、「家は末代、人は一世」と説く、すべてを知る母政子。頼朝の死の真相は今だ分かっていないという。なかなか見ごたえあるものだった。
「連獅子」ーーー能の「石橋」を題材にした踊り。親獅子が子獅子を千尋の谷へ突き落とし、子が自力で這い上がってくるところから、最後はお馴染の、親子獅子の精が勇猛に毛を振り、獅子の狂いを見せる。坂東三津五郎と巳之助親子の共演で、足元まで垂れた毛を、首を何度も何度も振りながら見せる熱演だった。
「加賀鳶」ーーー江戸の市井に生きる大名火消「加賀鳶(加賀藩お抱え火消)」と悪党あんまの道玄の物語。火事とけんかに命を賭ける鳶の威勢のよい松蔵(片岡仁左衛門)と、極悪非道ながらどこか憎めない道玄(市川団十郎)のやりとりが面白かった。

休日だったこともあり、親子連れで子供の姿が見られたり、外人が結構見に来ていたり、いつものことながら着物姿の女性が目に付いた。
[PR]
by rapole | 2010-10-09 21:22 | 芸術・文学 | Comments(0)

ウン十年ぶりの再会

東京、乃木坂にある「国立新美術館」へ、「二科展」を見に行ってきた。

学生時代の友人から、「『二科展』に写真を出しているので、東京まで見に行くことになった。もし都合がつけば、会いたい。」とたよりがあったのだ。即OKの連絡をし、会うことに。

まだまだうだるような暑さの昼下がり、出かけて行って「二科展」を見始めたが、その量の多さにびっくり!  昔、よく見に行っていた時は、地方だったので、そんなに膨大な数ではなかった。東京では見に行ったことがなかったので、初めてだったが、はんぱな数ではない。
a0053420_14581492.jpg

「絵画」・「写真」・「彫刻」・「デザイン」部門があり、1階、2階、3階のほとんどのスペースを。(他に「マン・レイ展」もあり) 絵画は、ほとんどが抽象画でこれも驚いた。
a0053420_17461078.jpg

a0053420_1753556.jpg

写真の部門に行き、私は懐かしい人を発見。我が亡き父の戦友が、まだ出品していらっしゃったのだ。昔、父のところに毎年、二科展の切符を送って下さっていて、よくもらって見に行っていた。その存在を忘れていたが、名前を見てまだご活躍されている、と嬉しくなった。聞くと、もう90歳を超えていらっしゃるとか。臼井薫氏の作品。
a0053420_1855373.jpg

友の写真・・・タイトルは「小春日和」・・・3連作。
a0053420_17472789.jpg

写真を始めて7年。学生時代は、絵を描いていて、その絵がうまくて私は好きだった。だから子育てを終え、絵ではなく、写真をやり始めたことにどうしても納得がいかず、毎年の年賀状に、「絵はやらないのですか。」とコメントを書き添えていた。でも、今回写真が凄いことを実感したし、写真の方が自分には合っているとの言葉に納得した。二科展に入選することは、凄いことらしい。
a0053420_17493476.jpg
館内の喫茶店で、コーヒーを飲みながら、積もる話を・・・最後に会ってから、数十年が経っていた。でも、おしゃべりを始めた途端、昔の二人に戻っていた。何の違和感もなく、学生時代の素のままの二人に・・・・・まさに、「友あり、遠方より来る。また楽しからずや」。
[PR]
by rapole | 2010-09-01 14:05 | 芸術・文学 | Comments(4)