ようこそ おいで下さいました。 夕焼けの美しさを、愛犬と眺めながらの日々を綴っています。


by rapole
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:English( 12 )

お雇い外国人

今月の英語サークルも、奥の深い内容で楽しいものだった。毎回テーマを決めて、数人がその役を果たすのだが、今日は、「明治時代の、お雇い外国人」について。

その前に、<その場で、即興で意見をまとめて話す>というコーナーがあり、担当者が問題を出し、4~5人が答える。 今日は、 "praise” (ほめる) 
    1.日本人について
    2.日本という国について
    3.我が市について
    4.我がクラブについて
    5.我がクラブの誰か1人について

まったく考えていなかった内容のことを、3分程にまとめて話すのは、結構大変。
日本人は勤勉で、気配りが出来て・・・・等など色々な意見が出た。

そして、「明治時代の、お雇い外国人」について。
お雇い外国人は、幕末から明治にかけて、「殖産興業」などを目的として、欧米の先進技術や学問、制度を輸入するために雇用された外国人で、欧米人を指すことが多い。江戸幕府や諸藩、明治政府や府県によって官庁や学校に招聘された。

a0053420_15104795.jpg

その国籍は、イギリス人(建築家ジョサイア・コンドル等)、アメリカ人(ウィリアム・スミス・クラーク等・・・北大のクラーク博士)、フランス人(軍の雇用が多数)、中国人、ドイツ人、オランダ人、その他である。彼らは高額な報酬で雇用された。「お雇い外国人時代」の盛期は、1870年(明治3)より1887年(明治20)前後までである。

多くは任期を終えるとともに帰国したが、ラフカディオ・ハーンやジョサイア・コンドル、エドウィン・ダンのように日本文化に惹かれて滞在し続け、日本で妻帯あるいは生涯を終えた人物もいた。

”Foreigners who Contributed to the Modernization of Japan in Meiji Era"

1. Frederick Eastlake (American)      教育者(言語学博士・・・23カ国語に精通)
2. Erwin von Bälz( Germans)         医師
3. Rouwenhorst Mulder(Dutchman)     利根川に運河を建設
4. Josiah Conder (Englishman)           建築家
   
各自が予め調べてきた人について発表した。
私も指名されていて、「ジョサイア・コンドル」について話した。
明治10年(1877年)来日のイギリス人・コンドルは、工部大学校造家学科(現・東京大学工学部建築学科)の講師として、次代を担う日本の建築家を育成した。一方彼は、政府の要請で、鹿鳴館、帝室博物館を設計し、ニコライ堂、岩崎邸から海軍省までも手掛け、日本における正統的洋風建築の数々を建築した。 旧岩崎邸 ・旧古河邸・ 清泉女子大学本館(旧島津公爵家袖ヶ崎本邸)・ 三菱1号館 などを建築。
a0053420_16425250.jpg
                 ジョサイア・コンドル
a0053420_1761953.jpg
                       旧岩崎邸 
a0053420_18184320.jpg
                      旧古河邸
a0053420_18344219.jpg
                清泉女子大学本館(旧島津公爵家袖ヶ崎本邸)
a0053420_18213990.jpg
                      三菱1号館
  
教え子には、片山東熊・・・・・・旧東宮御所(現・迎賓館・・・2009年に明治以降の建築
                   としては、初めて国宝に指定された)等を建築。  
        辰野 金吾・・・・・・東京駅等を建築。   
等など、その後の日本建築界に貢献した建築家を多数育てた。

コンドルは、日本人の女性と結婚。愛妻くめは若き日の日本舞踊の師匠。河鍋暁斎に師事し、日本画を学び、日本舞踊、華道、落語といった日本文化にも大いに親しみ、趣味に生きた人でもあった。滞在し続け、日本で生涯を終えた。
[PR]
by rapole | 2015-01-16 20:43 | English

”It's Show Time"

今月の英語クラブの催しは、 ”It's Show Time"  
それぞれ好きなテーマで、5分程お喋りをするもの。
a0053420_18221239.jpg
落語を演じた人は、ピョンピョン亭XXXと名乗り、小噺を。壺を買いに来た男が、最初、大きな壺と小さな壺のうち、小さな壺を買って帰る。再度その店に来て、言葉巧みにその小さな壺から大きな壺に変えてもらい、一銭も払わず、もらって帰る、というもの。  私は、「今、ハマっているもの」のことを話した。それは・・・・・・毎朝、朝食の時、トーストしたパンに塗って食べているピーナッツバターについて。

つぎの方は、中国茶を淹れて下さり、そのお話を。
a0053420_18382440.jpg
また、最近隣の市に転居した人は、前の市と今の市の違いを例をあげながら説明。

その次の人達は、5名で寸劇を。ある人が、「人生は、常に前を向いて!」と固く心に誓って、成功をする。そして、旅先で、大金を入れたボストンバッグを、トイレの後ろ側に置き忘れるが、「常に前を向いて!」の精神から、後ろを見ずに出てきてしまう。

また、もう一人は、田舎から出てきて街で成功しようと頑張った。「人生は、小さなことの積み重ね。小さな利益を大切に!」と心に誓った。そして、ある程度裕福になった後、ある所で大きな利益が出る取引を提示された。でも、人生訓に反するからとそれを断り、悠然と去って行った。

自分の決めたルールを忠実に守り、どんな場合もそれを覆すことはない・・・・・思わず笑ってしまう風刺劇だが、我々の日常でも、こんな悲喜劇は起きているのではないかしら? と考えさせられる面白いお芝居だった。

次の人は、合唱サークルにも所属していて、得意の喉をご披露。
a0053420_1612221.jpg

スーザン・ボイルの歌を、ボイルのような美声を部屋いっぱいに響かせて歌い、会場を沸かせた。

最後にサイモンとガーファンクルのあの有名な< Bridge over troubled water >を全員で歌い、今年を締めくくりました。

[PR]
by rapole | 2014-12-19 17:43 | English

「南アフリカ」について

今月の英語クラブは、「南アフリカ」についての講演会を開催。
a0053420_1785975.jpg
以前、南アフリカの政府機関で10年程仕事をしていらっしゃった方が講師で、南アフリカの現状などをお話して下さった。私達は10月に、アパルトヘイトや、ネルソン氏のことを取りあげて事前に勉強していたので、比較的良く理解出来た。
a0053420_1658465.jpg
部外の方々にも声をかけたので、大勢の人が参加。終了後にちょっとした立食パーティをし、皆さん色々講師に質問したり、それぞれで話が盛り上がり、大盛況のうちに幕を閉じました。
[PR]
by rapole | 2014-11-21 21:23 | English

「常磐津」

東京で開催された、英語クラブの日本の関東地区を統合する会合に、仲間と参加した。

通常のセッションが終了した後、ワークショップとして「常磐津」を、常磐津師として活躍中の方が披露。
a0053420_17193865.jpg
「常磐津」とは、歌舞伎や日舞の音楽で、三味線を弾きながら、セリフを言ったり、唄をl歌ったりするもの。

歌舞伎を見に行っている時、確かに舞台横で三味線を弾きながら唄をうたっている人達がいたが、気にも留めなった。「あ、あれだったのね。」と、「常磐津」を聴きながら納得。

今日は、「三世相錦繍文章」という唄の一部を、会場の人達全員で一緒に練習し、その後、「我こそ!」と思う人達が舞台上に出て唄った。結構節回しが難しく、抑揚がうまく出来ないのだが、さすが自分で舞台に上がった人達は上手だった。
a0053420_1742839.jpg
常磐津師の方が、芸大出身ということで、そのつながりから同大出身のチェロ奏者の方がチェロで伴奏を。普通は三味線なのだがチェロの伴奏で、「山姥」という唄を常磐津師の方が披露。見事な『和と洋』の合体に、会場中が聴き惚れていた。普段なじみのない「常磐津」を聴き、唄うという貴重な体験。「今度歌舞伎を見に行ったら、きっとじっくり聴いて味わうでしょうね。」と言いあいながら、皆で帰路につきました。
[PR]
by rapole | 2014-10-28 21:57 | English

ネルソン・マンデラ氏

今月の英語クラブは、ネルソン・マンデラ氏について。
来月、南アフリカに在住していらした日本人の講演会があるので、より理解を深める為のもの。

ネルソン・マンデラ氏 (南アフリカ)
若くして反アパルトヘイト運動に身を投じ、1964年に国家反逆罪で終身刑の判決を受ける。27年間に及ぶ獄中生活の後、1990年に釈放される。翌1991年にアフリカ民族会議(ANC)の議長に就任。デクラークと共にアパルトヘイト撤廃に尽力し、1993年にノーベル平和賞を受賞。1994年、南アフリカ初の全人種参加選挙を経て同国大統領に就任。民族和解・協調政策を進め、経済政策として復興開発計画(RDP)を実施した。1999年に行われた総選挙を機に政治家を引退した。2013年12月5日 95歳で死去。
a0053420_1751598.jpg
結婚は3度している。
a0053420_1855010.jpg
1944年にエブリンと最初の結婚。1957年離婚。
a0053420_1863451.jpg
1958年、ウィニーと2度目の結婚。マンデラの収監中にウィニー夫人は獄外で政治活動を行った。しかし1992年4月13日、離婚の意思を表明し、4年後の1996年3月19日にウィニーとの離婚が成立。
a0053420_1875072.jpg
1998年7月18日にモザンビークの初代大統領で飛行機事故で亡くなったサモラ・マシェルの未亡人、グラサ・マシェル夫人と3度目の結婚。マンデラ氏は80才。

4人のスピーカーが、コンビを組み、マンデラ氏のあれこれを発表した。(パワーポイントを使って、写真と文でも紹介)
一人目は、南アフリカ全般について説明。
二人目は、「アパルトヘイト」(人種差別)について説明。
三人目は、マンデラ氏について説明。
三人目は、三人の妻(特に二番目のウィニーについて)について説明。

私は、三人の妻(特に二番目のウィニーについて)の説明をするよう指名されて、必死で色々調べた。事前に、この企画の司会者と4人が集まって、各自が色々調べたことを話し合ったが、とても有意義で楽しかった。

遠い南アフリカの、マンデラ氏のことを皆で勉強し、発表し、たくさんのことを学び、得ることが出来た。マンデラ氏という偉大な人物のバックグラウンドを知り、その生涯を追ってみるという今回のプログラムは面白かった。

最初は出来るかしらと不安がいっぱいだったが、何とか無事プレゼンテーションを終わらせることが出来て、ほっとしている。
[PR]
by rapole | 2014-10-17 21:24 | English

就任式

英語の会で、「就任式」が通常の会合の一番始めに行われた。
このクラブが元々アメリカで始まって、世界に広まったので、周期の始まりが9月なのだと聞いて、「なぜ、この時期に?」という疑問が解けた。
新旧の会長や会計等の方々が前に出て挨拶をし、無事引き継ぎ終了。9月から1年間、又色々な企画で英語のブラッシュアップを図る。

今日は、昨年10月の会で「お勧めしたい本」というのを何人かの会員が紹介した。その内容について訊くという「クイズ」がテーマだった。

その後、ランチ会を。美味しゅうございました。
a0053420_15242228.jpg

[PR]
by rapole | 2014-06-20 21:54 | English

「わくわくデベート」

今日の英語クラブは、デベートの簡略版で、気軽に出来るデベートだった。
アメリカなどでは、学校でデベートの授業があり、自分の意見をまとめ、議論を戦わせる訓練を小さい時からしているそうだが、日本ではなかなかそうはなっていない。

ある事柄について、賛否を色々な角度から考え、意見をぶつけ合う。そんな本格的なデベートもやっているそうだが、今日は「わくわくデベート」という簡略なもの。

2グループに分かれ、1グループ・3人ずつの6人、合計12人で賛否を競った。他の人はそれを聞いていてどちらが良かったか判定を下す役割。
  1.「卒婚に賛成?」   
  2.「白髪は染めるべき?」  
a0053420_18365214.jpg
 1グル―プの、「卒婚に賛成?」は、いわゆる「家庭内別居」(?)に賛成? 反対? と意見を言い合った。

ご主人が定年退職後、それまでご主人の為に家事等をこなし、尽くしてきた奥様を楽にしてあげようと、その後は法的に離婚はしないが、お互いに自由に生きる様に話し合って決める・・・・・・・卒婚。憎み合っているわけではないので、助けあえる部分は助け合い、お互いのやりたいことをやる。

賛成の方は、何にも縛られず、自由にやりたいことをやれるのは素晴らしい。残り少なくなってきた人生を大切に過ごせるのはいい・・・・・等と。反対派は、結婚式で、「富める時も病める時も助け合い・・・・・・」と誓った二人。やはり人生の最後まで二人で共に頑張るのがいい・・・・・・・等と。相手の意見に質問をしたり、反駁したりして、最後にまとめを言い合う。
a0053420_18374383.jpg
賛成側のまとめ役の人が、「我が親類に、実際今、卒婚をしている人がいる。ご主人は海外ロングステイにあこがれ、今マレーシアに住んでいる。奥さんの方は日本で三味線の先生をしている。年に何度かはお孫さん達も一緒にマレーシアに遊びに行ったりしてお互いの生活を楽しんでいる。こういうのもとてもいい生き方だと思う。」と。

私は、2のグループで 否定の「白髪は染めない方がいい」に。  
我がグループの他の2人はべテラン。それで私が一番目に2分間のスピーチを考えていって意見を述べた。彼女たちはその後の質問や反駁、まとめをして下さった。その場で相手の意見を聞いて、それに対してすぐ質問や反駁を考える・・・・・・すごいなぁと感心しながら聞いていた。とても楽しい内容に、わくわくしながら参加して・・・・・・・・いつか私もこの人たちのように丁丁発止と意見を言えるようになりたいな、と思った。いつの日になることやら・・・・・・・・。
[PR]
by rapole | 2014-04-18 21:37 | English
英語クラブの「スピーチコンテスト・関東地区大会」が東京で開催され、参加。各エリアごとの優勝者が集まり、「関東一」を競う。その後、「全日本コンテスト」が大阪であり、その日本一の人が、「国際コンテスト」の代表者となり、来年2月に、ニュージーランドで開催されるコンテストに出るという。開催される都市や国は、毎年違うとのこと。
a0053420_1529843.jpg

英語だけでなく、日本語のクラブも有り、その方が数は多いとのこと。今日は両方のスピーチを聴くことができた。 日本語のスピーチも、中々興味深いもので面白かった。 1位の方の演題は、「お・も・て・な・し」。
英語クラブの優勝者はなんと・・・・・・・・我がクラブの人!  
” Achieve Peace with Silence ”  何だかとっても誇らしくなった。我がクラブのエースさん、頑張って下さい!
[PR]
by rapole | 2014-04-05 21:42 | English

運・不運って?

今日の英語クラブは、通常のミーティングとは別の特別プログラムだった。他のクラブの方で、以前アメリカの劇団に所属し、演劇の勉強をされた方が出張授業をして下さった。

ドラマを再現し、私達がそのセリフを皆で分けて喋り、演じるというもの。
a0053420_17102084.gif
今日は「運任せ」という題で、二人の女性の人生を演じ分けて、感慨深いものだった。人生のちょっとしたことで、運・不運が決まり、成功者と脱落者になる・・・・・でも、その成功者が必ずしも幸せと限らず、仕事では大成功だが、家庭的には恵まれないとか、人生の奥深さを考えさせる内容で、面白かった。
[PR]
by rapole | 2014-03-29 21:41 | English

 ”Dementia” について

英語クラブは月に一度会合があり、毎回違うトピックで色々話し合ったり、講義を聴いたりする。今日は、パネル・ディスカッションで、認知症について色々学んだ。

毎回、プログラム・リーダーを決め、その人たちが、その日の内容に沿って準備する。今日のテーマは認知症。 英語で、認知症のことを ”Dementia”  と言う。

認知症についての言葉を英語で何と言うか、一通り勉強した後、医師役の人と、男性の認知症患者役の人と、その舅を介護する役の人とが、色々な場面でのやりとりをする芝居を英語で。その舅を介護する役の人が、以前実際に7年程舅を介護していたそうで、やり取りに実感がこもっていた。
a0053420_1750407.jpg
介護する人に対するアドヴァイス
   1. 他人に助けを求めること
   2. 忘れっぽくなるけれど、心はあるのでその点を気を付けること
   3. 尊厳を認めること

これから老いていく人々、すべてに対するアドヴァイス
   1. 他人に優しくしておくこと
   2. お金をためておくこと

ユマニチュード・・・・・<人として、接する> (フランスの考え方)

基本: 見つめること ・ 触れること ・ 話しかけること ・ 立つこと

人間を中心としたメソッド
   ・本人にやらせること
   ・本人を否定しないこと
   ・尊厳を認めること

とっても考えさせられる内容だった。普段まだあまり身近に感じていないが、誰にでも起こりえること。数人が最後に意見を求められ、「身につまされた。」とか、「私も実際、今介護中で参考になった。」とか、「明日は我が身かも・・・・・どうしよう?」とか、意見続出。 全員で、「頭をぼけさせない為には、英語の勉強はいいそうだから、これからも皆で頭を使って、ボケ防止に英語を頑張りましょう!」と。      
[PR]
by rapole | 2014-03-14 21:47 | English