ブログトップ

茜色の空

カテゴリ:旅行( 45 )

札幌観光

翌朝、ホテルで朝食を食べながら、眼下を見下ろすと札幌の雪景色が一面に広がっていた。中島公園がすぐ前に見え、藻岩山などの山々の連なりがくっきりと。
a0053420_1243264.jpg


a0053420_1245022.jpg

中島公園の中にある、明治文化の薫り漂う豊平館を見た。明治13年に北海道開拓史直属の洋風ホテルとして建てられた。明治天皇が行幸の際、宿泊されたのが初めての客とのことl。現在は結婚式場や喫茶、レストランとして使用されている、とのこと。ブルーの綺麗な会館。
a0053420_12145681.jpg
その後、札幌駅に出て、JR札幌駅に隣接したJRタワーの最上階36階へ。
a0053420_126871.jpg
あいにくの曇り空で、全方向360度見渡せるタワーのトップだが、ぼんやりとしか見えなかった。このすぐ後ろは北大だが、かすんでしまっていて・・・・・。
赤レンガ(北海道庁旧本庁舎)は、アメリカ風ネオ・バロック様式のれんが造りで、明治21年に建てられた。内部は樺太関係資料館や道立図書館などとして、一般公開されている
a0053420_21413129.jpg
たくさんの人が雪だるまの前で記念撮影をしていた。
a0053420_10493889.jpg
その後、親類の家に。久しぶりに会って、積もる話で盛り上がった後、札幌市の新しいテーマパークとして話題になっている、「白い恋人パーク」へ車で送ってもらった。
白い恋人パーク」は、「白い恋人」の製造工場の見学やクッキー作りが楽しめるお菓子づくりの体験工房、オリジナルスイーツが味わえるカフェ、「コンサドーレ札幌」を身近に感じられる総合サッカー施設などからなる夢の施設です。また、「白い恋人鉄道」、「蓄音器ギャラリー」は必見とのこと。

a0053420_10524482.jpg
 

         「オーロラの泉」
a0053420_11101180.jpg
               
a0053420_1112293.jpg

 白い恋人というお菓子の製造工程を上の階から眺められる。
a0053420_11145223.jpg

             蓄音器ギャラリー
a0053420_11161324.jpg

                  おもちゃがたくさん飾られていて・・・
a0053420_11183650.jpg

a0053420_11215146.jpg
               懐かしい昭和の日々のひとこまが・・・
a0053420_11242750.jpg

                    鉄腕アトムも・・・
カフェで、美味しいスイーツを戴きながら、窓の外に広がるライトアップされた光景を眺めて・・・。
a0053420_11582317.jpg

a0053420_1132552.jpg
外国からのお客さんも結構来ていて、ファンタジックな世界を楽しんでいた。
a0053420_11345588.jpg
雪の降りしきる中、幻想的な眺めに見惚れて、しばし心を遊ばせて・・・。
a0053420_11493975.jpg
ホテルに帰って、部屋の窓から外を見下ろすと、ここでもライトアップが。
a0053420_1150403.jpg

[PR]
by rapole | 2012-02-07 21:56 | 旅行 | Comments(0)

北海道への旅

北海道へ「雪まつり」を見にいった。いつもテレビで見ていて、行って見たいと思っていたが、ひょんなことから実現。
a0053420_14485635.jpg
羽田空港から千歳空港へ、いざ出発!
2月6日から12日まで開催されている「札幌雪まつり」。大通り公園の会場で、綺麗にライトアップされた雪像を見て歩いた。
a0053420_17332048.jpg
               「雪の水族館」  
a0053420_17382612.jpg
        「魔法よ、みんなに届け」・・ディズニーリゾート   
a0053420_17432554.jpg
              故宮博物館(台湾)
a0053420_17451134.jpg
             タージ・マハル(インド) 
a0053420_18134234.jpg
            会津・鶴ヶ城
a0053420_18142355.jpg

a0053420_18145787.jpg
                       野田城
a0053420_18154623.jpg
             
       「トリコ X ワンピース」
全国フジテレビ系列で、毎週日曜日午前9時台に放送中の、二つのアニメ「トリコ」と「ワンピース」の夢のコラボレーションとか。子供達が歓声をあげながら、見ていた。
a0053420_18222664.jpg

a0053420_18224552.jpg

a0053420_18231216.jpg
 
a0053420_18252071.jpg
市民団体などの作った雪像もたくさんあって、大勢の人が楽しそうに見て回っていた。この雪まつりに約200万人が集うとのこと。外国人もそこここで見られ、その人気の高さがうかがえた。

雪まつり後は、即、撤去されてしまうとのこと。「せっかく作ったのにもったいない!」と思ったけれど、「雪が溶けて倒壊の恐れがあり、危険だから。」と聞いて、納得した。夏の花火と同じで、その一瞬の美しさ、儚さが、いいのだろう。   
[PR]
by rapole | 2012-02-06 21:44 | 旅行 | Comments(1)

中禅寺湖・日光

昨日、日光見物を終えて日光金谷ホテルに行き、預かってもらっていた荷物をもらい、ティールームでコーヒーブレイクを。その後、ホテル内を散策。由緒あるホテルの中をゆっくり見て回っているうち、次にここに来る時はこちらのホテルに泊まりたい、と思いました。

その後、シャトルバスで「中禅寺湖金谷ホテル」へ(1時間近くかかるのに、無料でシャトルバスを運行していて、「さすが!」と思いました)。くねくねと曲がっている「いろは坂」を超え、中禅寺湖ほとりに着くとすごく雪が降っていて・・・・・。

夜は、金谷ホテルご自慢のフランス料理フルコース。 とっても美味しゅうございました!
a0053420_1153051.jpg
中禅寺湖金谷ホテルの露天風呂が、たまたま改修工事中で入れず。付近のホテルの温泉に、バスで送り迎えしてくれるというのでそのつもりだったのだが、夕食後まったりしているうち、行く気が無くなりキャンセル。
a0053420_11523566.jpg

a0053420_1230142.jpg
朝食も洋食。
a0053420_12314697.jpg
レストランの窓辺に、えさ台が置いてあり、野鳥たちがたくさん食べに来ていて、宿泊者の目と耳を楽しませていました。
a0053420_1212065.jpg
壁にかかっていた野鳥たちのカービング(?)がとっても素敵でした。
a0053420_12345546.jpg
窓から見えたつらら・・・・・大きくてびっくり!
a0053420_12375918.jpg
ホテルのラウンジ
a0053420_1239066.jpg

朝、また雪がたくさん降っていて、中禅寺湖を散策どころかホテル周辺を歩くのも大変。それで華厳の滝などに行くという予定も取りやめ、そのままシャトルバスで日光に戻ってしまいました。そのバス内で、「中禅寺湖には、フランス料理を食べるためだけに来たみたいね。」と冗談を。
a0053420_14125747.jpg
日光金谷ホテルの裏庭を散策。
a0053420_1414070.jpg
日光金谷ホテルの別館
a0053420_1419464.jpg
その後、日光田母沢御用邸へ行きました。大正天皇をはじめ、三代にわたる天皇・皇太子がご利用になられた、とのこと。平成15年(2003)に「国の重要文化財」に指定されました。
a0053420_14295914.jpg

a0053420_1430256.jpg
謁見の間
a0053420_14305742.jpg

a0053420_143322.jpg

なかなか見ごたえある邸宅見物で、「日光の旅」を締めくくることが出来ました。日光は秋の紅葉の時期が、一番綺麗で賑わうとのこと。でも凄く込み合うので、春の新緑の時期もお勧めとか。今度来るなら新緑の時、中禅寺湖周辺をゆっくり巡ってみたいと思いました。
[PR]
by rapole | 2011-01-20 21:48 | 旅行 | Comments(0)

日光

二日目は、日光へ。駅に着いて、まずシャトルバスで、金谷ホテルへ。
a0053420_16333739.jpg
日本最古のクラシックリゾートホテル。外国人の宿泊施設として始まり、宿泊者名簿には、アインシュタイン、ヘレンケラー、ガンジー等も。明治時代の建物・本館と、右側に、昭和10年に建てられた別館があり、共に国の重要文化財とのこと。
a0053420_16571719.jpg

今晩の宿泊は、ここではなく中禅寺湖金谷ホテル。でも、問い合わせたら荷物を一時預かってくれるとのこと。預かってもらい、身軽に東照宮などを見て回ることが出来て「感謝!」でした。
a0053420_22293864.jpg
東照宮へ行く手前にある神橋
a0053420_171986.jpg
輪王寺。勝道上人が開いた日光山のご本尊を祀り、日光三社権現信仰の中心として栄えた。現在修復中。大勢の外国人観光客が、興味深そうに見学中。
a0053420_1713196.jpg
いよいよ日光東照宮へ。
a0053420_17251064.jpg
五重塔
a0053420_17311073.jpg
表門には、左右に仁王様が
a0053420_1735945.jpg

三神庫・・・下神庫・中神庫・上神庫の総称。 校庫造りを模した建物
a0053420_20234952.jpg
神厩舎  東照宮に勤める神馬が”出勤”してくる所。「見ざる・言わざる・聞かざる」の三猿が有名だが、実際は8枚の絵で人の一生を描いているそうな。猿が馬の健康を守るという言い伝えによるとか。
a0053420_2025940.jpg
陽明門・・・霊獣と人物の彫刻が約508体あるとか。
a0053420_20563878.jpg
陽明門の高欄の部分に「唐子遊び」と呼ばれる子供達の遊ぶ姿が刻まれている。「子供が屈託なく遊べる平和な世の中でありたい」との理想が込められているとか。
a0053420_2161841.jpg
左甚五郎作の「眠り猫」 徳川家康の眠る墓所・奥社の入口にあたる、東回廊の馬道のところに刻まれている
a0053420_22412445.jpg

a0053420_21242568.jpg
唐門・拝殿・本殿は修復工事中で、残念ながら見られず。

本地堂(薬師堂)
徳川家康の本地仏とされる薬師瑠璃光如来を本尊として祀るので薬師堂ともいう。本尊は秘仏となっており拝することは出来ない。ここは、「鳴き竜」の天井画が有名。竜の頭の下で手をたたくと、天井と床とで共鳴して鈴を鳴らしたような余韻が聞こえる。

大勢でいっせいに手をたたくとよく分からないので、説明の人が拍子木を鳴らして聞かせてくれた。空気の振動で共鳴し、はっきりと聞こえた。写真撮影は禁止とのことで、天井に描かれた大きな竜の絵は、撮影出来なかったが、それを仰ぎ見ながら共鳴音を聞いていると、本当にその竜が鳴いているような錯覚にとらわれた。江戸時代に、こんなトリックを考え出していたなんて凄い!
a0053420_21451353.jpg

a0053420_21455767.jpg
釣り鐘が収まっている鐘楼
a0053420_21462572.jpg

太鼓が収まっている鼓楼
a0053420_22105430.jpg
a0053420_22113635.jpg
二荒山神社への道
a0053420_2214363.jpg
a0053420_22374932.jpg
二荒山神社

数十年前の修学旅行で、日光・東照宮へ行った覚えはあるのですが、今回行ってみて、「こんな風だったの?」と、すっかり忘れていることに気がつきました。でも、見ごたえがあって、あらためて徳川家の凄さを感じました。99年12月に世界遺産に登録されたとのこと。外国人がたくさん訪れていて、世界に誇れる日本の遺産を大事に守っていくべきだな、と感じました。
[PR]
by rapole | 2011-01-19 21:29 | 旅行 | Comments(4)

鬼怒川温泉・日光への旅

日本中が寒波に見舞われた後の1月18日、栃木県の「鬼怒川温泉・日光」へ行ってきました。1日目は、「東武ワールドスクエア」へ。夜のライトアップが綺麗だというので、楽しみにしていたのですが、前日に降った大雪で半分以上が雪に埋もれていて、がっかり。入口を入るとすぐ、今建設中の「東京」スカイツリー」が、すくっと建っていました。
a0053420_16241863.jpg
国会議事堂も雪に埋もれて・・・。
a0053420_1241482.jpg
その後はアメリカゾーン・ヨーロッパゾーンと続いて・・・。
a0053420_1243518.jpg
今はない、ニューヨークのワールドトレードセンター
a0053420_12441643.jpg
ホワイトハウス
a0053420_15482187.jpg
エッフェル塔
a0053420_15491333.jpg
ガウディのサグラダ・ファミリア
a0053420_16262983.jpg
エジプトのピラミッドにも、雪がいっぱい!?
a0053420_15501437.jpg
札幌の時計台
a0053420_1551641.jpg
法隆寺

鬼怒川温泉の駅前には、こんなユーモラスなモニュメントも。
a0053420_1554629.jpg
鬼怒川渓谷沿いに、随分沢山のホテルが建ち並んでいて、その中の一つのホテルに宿泊。ホテルだけれど、中は純日本風(というか、オリエンタルテイスト)。
a0053420_1618470.jpg
a0053420_16182265.jpg

夕食は、個室風に仕切ってある空間で、盛りだくさんでした。
a0053420_16212272.jpg

[PR]
by rapole | 2011-01-18 21:26 | 旅行 | Comments(0)

母の七回忌

名古屋の兄の家で、母の七回忌があり、出席。

お坊様にお経をあげて戴いた後、皆で会食。親類の叔父、叔母と久しぶりに会い、母の思い出話を。そういえば、カラオケが好きだったっけ。「矢切の渡し」の歌など歌っていたっけな。
a0053420_22433333.jpg
ここでも、昨日のインスタントカメラが・・・・・・フラッシュをオンにし忘れていたので、室内で撮影した写真は全部ボケてしまった。
a0053420_0634100.jpg
甥の5才と9才の子供達(母にとってはひ孫達)がとっても可愛くて、いっぱい撮ったのに・・・・・・本当に残念!!  なかなか機会が無いので、今度会うのはいつになることやら? 今のあどけない表情を残したかったのになぁ。
[PR]
by rapole | 2010-01-09 21:25 | 旅行 | Comments(0)

お伊勢さん

鳥羽のホテルに泊まり、迎えた朝。部屋の窓から朝日が見られるというので、早起きしてカーテンを開けると、いきなりうっすらと空が紅く染まって・・・・・・・。
a0053420_11215433.jpg
滅多に見られない光景に興奮して、デジカメでパチパチと。
a0053420_11221993.jpg

a0053420_1127728.jpg
ホテルの窓からは、四方に海が広がって・・・・・。
a0053420_1126823.jpg
ホテルのプライベートビーチがあるというので、下りてみた。
a0053420_12284684.jpg
敷地内にパターゴルフ場があり、挑戦。色々な所でやっているが、ここのは起伏があり、結構難しかった。(カメラを持っていくのを忘れ、写真撮れず)

鳥羽水族館を見て、お伊勢さんへ行こうと思っていたのだが時間がなくなり、鳥羽水族館はまたの機会に。

伊勢神宮へ行き、新年の初詣で賑わっている参道を歩いて、本殿へ。
a0053420_1156495.jpg

a0053420_1224723.jpg

a0053420_12153673.jpg
式年遷宮(社殿を造り替える20年に一度の大祭) 次は平成25年に、というので、宇治橋が新しくなり、先日、テレビでその式典が放映されていた。
本殿
a0053420_1255367.jpg
神楽殿
a0053420_127350.jpg
天皇陛下のお馬が、小さな馬小屋にいたので、カメラでパチリ。しかし、デジカメのバッテリーが切れた為、買っておいたインスタントカメラを使ったら、フラッシュがオフになっていたので、暗くなってしまい見えず。
a0053420_2272154.jpg
馬舎に戻されるところをパチリ。(菊のご紋章のついた布をまとって)

おかげ横丁へ。
「おかげ横丁」は、内宮の門前町「おはらい町」の中ほどで、お伊勢さんの「おかげ」という感謝の気持を持って、平成5年7月に誕生したとのこと。
 いわゆるテーマパークではないので、入場料は0円。約2700坪の敷地内には、江戸から明治にかけての伊勢路の代表的な建築物が移築・再現され、この地方の魅力が凝縮されており、三重の老舗の味、名産品、歴史、風習、人情まで、一度に体感出来る所。

参道以上に混んでいて、人々が伊勢うどんや松坂牛のステーキなど伊勢名物を味わうお店や、おみやげ品店を覘きながらそぞろ歩きしていた。
a0053420_12113579.jpg

a0053420_12384430.jpg
和太鼓を打つ人を見つめる人々。
a0053420_23541931.jpg
a0053420_12442633.jpg

a0053420_1246818.jpg
帰りのバスの中で、そこに暮らす人々とおしゃべりをした。お孫さんと乗っていた女性は、平成5年におかげ横丁が出来る前は、その場に住んでいて立ち退いたとのこと。天皇・皇后両陛下や、総理大臣、芸能人が訪れたりする。「先日もXXという芸能人が、おかげ横丁でテレビ撮影していましたよ。」と。「今、休みの日にボランティアでガイドをしていますよ。」という男性もいた。「おかげ横丁は、今や伊勢市で一番賑わっている所ですよ。また遊びに来て下さいね。」と言う人々と別れ、伊勢市駅から名古屋へ。
[PR]
by rapole | 2010-01-08 21:17 | 旅行 | Comments(2)

名古屋へ

母の七回忌出席の為、名古屋へ。途中、新幹線の中から、くっきりと美しい富士山が見られた。いつも名古屋へ行く時は、富士山に会うのが楽しみになっている。快晴のお天気だったので、裾野まできれいな富士山が見られ、大満足。

駅前の「大名古屋ビルヂング」は、近々建て替えられるとのこと。
a0053420_21481045.jpg
JR高島屋名古屋のディスプレイは、早や桃の節句に。
a0053420_21485528.jpg
おひな様が、底冷えのする中、春の香りを漂わせて・・・・・。
a0053420_21491480.jpg
久しぶりのお友達と、お昼のひと時を一緒に。積もる話に、時の経つのも忘れそうに・・・・・・もう、時間。彼女に別れを告げ、三重県・鳥羽へ。
a0053420_21495199.jpg

[PR]
by rapole | 2010-01-07 20:56 | 旅行 | Comments(2)

那須-2

2日目は、キュービー号というシャトルバス(那須観光周遊バス)に乗って、まず「ステンドグラス美術館」へ。
a0053420_22531597.jpg
イギリスのマナーハウス(貴族の館)を再現した建物の中に、100~150年前に作られたアンティークステンドグラスを展示。アロマキャンドルの香りや、パイプオルガンの音色が美しく響いて・・・・・。
a0053420_2254991.jpg
カフェとショップもあって、英国グッズやきれいなステンドグラスの販売も。数点素敵なステンドグラスをおみやげに。
a0053420_22295478.jpg
古き良き時代のイギリスに迷い込んだよう・・・。
a0053420_22353493.jpg
白亜の重厚なゴシック様式の教会も併設されていて、ウェディングも。
a0053420_22383593.jpg
正面のステンドグラスが美しい。
a0053420_22393117.jpg
美味しいコーヒーで、ちょっとひと休み。
a0053420_22422927.jpg
次は、「りんどう湖ファミリー牧場」へ。
a0053420_014618.jpg
りんどう湖を中心に、約30万平方メートルのレジャーランドパーク。
a0053420_0202235.jpg
牧場で牛の乳搾り体験や、ゴーカート、乗馬、パターゴルフなど楽しめる。
a0053420_0221092.jpg
ちょうど、ハロウィーンの季節で、「どて・かぼちゃ」がいっぱい。
a0053420_0255355.jpg
「全日本かかしコンクール」が開催されていて、ユニークなかかし達が・・・。
a0053420_0291744.jpg
パターゴルフをするつもりだったが、昨夜と今朝雨が降ったので、今日は出来ないとのこと。それで、牧場ゾーンでのんびりと・・・。
a0053420_0374070.jpg
やぎさんがいたり・・・。
a0053420_0411519.jpg
可愛いポニーが、寄ってきたり・・・・・・。
a0053420_0541286.jpg
生後2~3ヶ月のジャージャー牛達も・・・・・・。
a0053420_0585947.jpg
牛舎には、たくさんの牛が・・・・・・。
a0053420_175795.jpg
「乳搾りをして、大はしゃぎの子供たち・・・・・。
a0053420_113397.jpg
園内一周するロードトレインや、スイス鉄道に乗って、ゆったり童心に返って楽しんだ。孫が一緒だったら、もっと楽しかったことだろう。いつか、一緒に行けるかな?

この楽しい旅のきっかけを下さったお友達のSさん、どうも有り難う!
[PR]
by rapole | 2008-10-08 20:06 | 旅行 | Comments(2)

那須へ

以前から行きたいと思っていて、なかなか実現しなかった「那須」への旅。那須は、見たい所が点在していて、観光バスで巡るか、ドライブ旅行で行くしかない、と行けずにいたが、ひょんなことから実現した。

上野駅から、東北新幹線で1時間少々で那須塩原駅へ。
今年7月に、「ガーデンアウトレット」がオープンしたので、行ってみた。那須塩原駅から、シャトルバスで8分。東京ドーム4個分の広大な敷地内に、ファッションや雑貨など約110のお店がある。
a0053420_2249910.jpg
「ダンヒル」や「「コーチ」など有名ブランド店がいっぱい。
a0053420_0483721.jpg
でも・・・・・・・ブランドに興味のない、おじさん、おばさんには、見たいお店がなくて・・・・・・結局、ざっと見ただけで終わり。「和」・「洋」・「中」と揃ったレストランゾーンでお食事を。
a0053420_0574127.jpg
子供が遊べるキッズパークもあって、すべり台なども・・・。
a0053420_0585691.jpg
ウィークデーだというのに、結構たくさんの人が・・・・・まだオープンしたてということもあり、みんなどんな所かしら、と訪れてくるのだろう。
a0053420_12361.jpg
犬を連れて歩いている人も・・・小さいドッグランもあるとか。
a0053420_1311546.jpg
南欧風の洒落た建物が建ち並び、リゾート気分を味わえるスポット。
a0053420_1107100.jpg
歩き疲れたので、その後はホテルへ。

今回の那須旅行は、お友達が会員制リゾートクラブに入っていて、そこの招待券を下さったのがきっかけ。箱根・蓼科・山中湖・軽井沢・伊豆などたくさん施設がある中で、行ったことのない那須に行ってみよう、ということに。

最初、「軽井沢へ」と考えていたが、最近出来たと言う、塩沢湖・タりアセンの中の、「イングリッシュ・ガーデン」が春(6月頃)にバラが満開できれいになると知り、軽井沢はその時期にしよう、と。
a0053420_18123788.jpg
広い敷地に、ゆったりとホテル棟と別荘棟が広がって・・・。
a0053420_18132450.jpg
すぐ隣にゴルフ場があり、ゴルフ好きにはもってこい・・・そのお友達のご主人も、やはりゴルフ好きで、それが、ここの会員になった決め手とか。
a0053420_1813481.jpg

[PR]
by rapole | 2008-10-07 19:28 | 旅行 | Comments(0)