ブログトップ

茜色の空

「セカンドライフ」

最近、巷では、「セカンドライフ」なるものが話題になっているそうな。

ヴァーチャルスペース(仮想空間)で、アバターと呼ばれる人形を選び、自分の人生を構築していくというゲーム。ただ、そこで本当に家を買ったり、仕事をしたりして、お金儲けも出来るとか。通貨もあり、実社会で使用可能とのこと。今のところアメリカ版(英語)で、日本語版は今秋頃出来るという。
a0053420_21174630.jpg
ちょっと覘いてみたが、相当の英語力がないと楽しめないみたいで諦めた。日本語版が出来たら、日本でもブームになりそう。
[PR]
by rapole | 2007-06-17 21:04 | 芸術・文学