ブログトップ

茜色の空

「コニファーの木」受難

ホームセンターへ行くと、庭の狭さを考えず、つい木々や花々を衝動買いしてしまう。先日も2本買ってきたが、植える場がない。

今日、庭を見直していて、コニファーの木が育ちすぎて、狭い庭に圧迫感を与えだしているのに気づいた主人。少し枯れかけているので、と標的に・・・・・・・可哀相に、バッサリと切られてしまった。
a0053420_0495659.jpg
「もう一本も・・・・・」というので、あわてて避難場所を探して、移動させた。

「芽が出ていない別の木も・・・・・」と言い出した。「これは、もうすぐ芽が出てくるから! 生きているから!」と必死の抵抗。ケンカが始まった。

枯れかけの草花は、知らない間に引き抜かれ、大事にしていた低木も切られてしまい・・・・・・・「すっきりするから。」と何でも捨てたがる主人。「枯れそうでも、次の年には花が咲くから。」と宿根草の説明をして、「物を大切にして。」と訴える私・・・物が捨てられないタイプ。

さて、どちらがいいのやら?
[PR]
Commented by hitakijo at 2007-04-10 17:42
さて、なんとおこたえしたら良いか返答に困ります。(笑)
とても仲が良いのですね。
Commented by rapole at 2007-04-10 23:27
hitakijoさん こんにちは。
日々溜まっていく家の中の物たち・・・・・すぐ捨てられる人、もったいない、と取っておく人、と様々。

仲が良いなんて・・・・・しょっちゅう、この件でケンカです。家の中の物も、私が捨てられない性分なので、「ガラクタが増える!」とお叱りの言葉が・・・・・。hitakijoさんのお宅ではどうですか?
Commented by hitakijo at 2007-04-11 00:02
うちも同じです。庭がないので木ではありませんが、着もしない洋服がタンスの肥やしに、たまにしか使わない紙袋がわんさか、
たまに捨てると、捨てなきゃ良かったと思う事があるらしいので、最近は好きなようにさせています。まあ、考えてみたら、
物を大切にする事は良い事ですからね・・・
Commented by rapole at 2007-04-12 16:54
hitakijoさん やっぱり! 我が家と同じで、奥様が「物を大切にされる方」なのですね。

そう、デパートの紙袋など、取っておけばいつか役に立つと思うのです。服も、流行が巡ってきて、10年前のものがまた流行って着られると思うと、捨てられないのです。

「もったいない!」・・・・・・ノーベル賞のマータイ女史も言っています。 もったいない! いい言葉!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by rapole | 2007-04-09 20:28 | | Comments(4)