ブログトップ

茜色の空

「コニファーの木」受難

ホームセンターへ行くと、庭の狭さを考えず、つい木々や花々を衝動買いしてしまう。先日も2本買ってきたが、植える場がない。

今日、庭を見直していて、コニファーの木が育ちすぎて、狭い庭に圧迫感を与えだしているのに気づいた主人。少し枯れかけているので、と標的に・・・・・・・可哀相に、バッサリと切られてしまった。
a0053420_0495659.jpg
「もう一本も・・・・・」というので、あわてて避難場所を探して、移動させた。

「芽が出ていない別の木も・・・・・」と言い出した。「これは、もうすぐ芽が出てくるから! 生きているから!」と必死の抵抗。ケンカが始まった。

枯れかけの草花は、知らない間に引き抜かれ、大事にしていた低木も切られてしまい・・・・・・・「すっきりするから。」と何でも捨てたがる主人。「枯れそうでも、次の年には花が咲くから。」と宿根草の説明をして、「物を大切にして。」と訴える私・・・物が捨てられないタイプ。

さて、どちらがいいのやら?
[PR]
by rapole | 2007-04-09 20:28 |