ブログトップ

茜色の空

「ボニーと歌おう」

昨晩、東京電力主催の「ボニーと歌おう」に行ってきた。いわゆる「メセナ」というもので、企業が地域の人や社会に貢献しようと、文化事業を行っている一環。

ボニージャックス・・・・・・「ちいさい秋」を歌っているコーラスグループ、くらいの認識しかなかったが、とてもレパートリーが広く、世界各国の民謡・歌曲・黒人霊歌・ジャズ・ポピュラーナンバーと幅広い。特に、童謡・唱歌・抒情歌・子供の歌は、美しいハーモニーで、聞く人の心をなごませ、豊かにしてくれる、と。
a0053420_1224724.jpg
第一部では、地元の合唱団との共演。ゲストの岡崎裕美さんの素敵な歌声に聞き惚れた。この人は、歌のお姉さんとしてNHKの「なかよしリズム」に出ていたとか。シャンソンから、自作の「母に贈る歌」まで、素晴らしい歌を披露。でも、おしゃべりは「歌のお姉さん調」で、コミカルなので、そのアンバランスが面白かった。

第二部は、「うたごえ喫茶」となり、カチューシャ・ともしび・雪山賛歌などを会場全員と合唱。その後、ジャズ、たくさんのコマーシャルソング、叙情歌を熱唱。早稲田大学のグリークラブから50年近く歌い続けてきた3人と、後から加わった1人で、心に響く美しい歌をプレゼントしてくれた。
[PR]
Commented by サリー at 2007-03-21 10:51 x
楽しそうなコンサートでしたね。ポニージャックスのコンサートはまだ
お互いに若かった時に聞きに行ったことがあります。
相変わらず素敵な歌声のようですね。
東電の「メセナ」は由紀さおり姉妹の童謡をきいています。
この催しは良いですね。「うたごえ喫茶」で皆で合唱、大声で歌うのはストレス(ないかもしれないけど)解消でとっても体によいとおもいませんか?私も歌いたーい!
Commented by rapole at 2007-03-21 23:07
サリーさん ボニージャックスのハーモニーは、心に響きます。由紀さおりさん姉妹の童謡も、澄んだ歌声で、聞く人を優しく包み込んでくれますよね。本当にこの催しはいいと思います。

「うたごえ喫茶」は、これで歌って、本当の「うたごえ喫茶」に行ってみたくなってしまいました。カラオケもいいけれど、みんなで合唱するのがいいのですよね。最近中高年の間で、流行っているとか、新宿にあるとテレビで言っていたような・・・・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by rapole | 2007-03-14 20:46 | ちい散歩 | Comments(2)