ブログトップ

茜色の空

初「お間抜け」

今年も、また「ずっこけの一年かな・・・・・」と。お正月早々、やってしまった! 長男夫婦が孫を連れて、お正月を祝おうとやってきた。車で3時間位の所に住んでいて、普段なかなか会えないので、楽しみに。
a0053420_14254376.gif
孫は、昨年末に「ノロウイルス」に罹り、心配したが、元気になって新年を迎えることが出来た。元旦の午後やってきて、皆で愛犬と一緒にお散歩に出かけた。途中、ケーキ店が開いていたので、孫は大喜び。大好きなケーキとおもちゃを買ってもらい、帰宅。最近は、スーパー、デパート、ケーキ屋さんが一日から開いている。便利になったものだ。

夕食は皆で「しゃぶしゃぶ」の鍋を囲んで賑やかに。2日の朝は、おせち料理とお雑煮で祝い、昼食は孫が好きな「ウナギ」に。簡単に出来るから・・・と選んだメニュー。ところが・・・・・・なんと、新年早々大失敗! 肝心のご飯を炊くのをコロっと忘れていたのだ。野菜料理を作るのに夢中で、やっと出来て、「さあ、後はご飯をよそって、ウナギを乗せて・・・・・・。」と、ここで初めてご飯がないのに気づいた。

「えらいこっちゃ!」・・・・・「そうそう、非常食の中に、レンジでチン、すればいいご飯があったっけ。」とあわてて探す。なんてこと! いつも買い置きしているのに、たまたま期限切れとなって、在庫なし。「うっそ~~!」・・・・・孫達は次の予定があり、午後2時には帰ると言っていたのだ。「今、もう1時。今からご飯を炊いていたのでは、間に合わない。どうしよう?????」

「あっ、スーパーが開いているじゃない!」と急いで近所のスーパーへ。「レンジでチン」のご飯を買ってきて、大慌てで準備し、その場をしのいだ。「お正月だから」と奮発して、高級なウナギにしたのに、全然味が分からなかった。

なんとか無事昼食を食べ、孫達は帰っていった。「ほっ!」

こんなふうにして、始まった2007年、いったいどんな年になることやら?
[PR]
by rapole | 2007-01-02 22:09 | 出来事