ブログトップ

茜色の空

10月大歌舞伎

歌舞伎を見に行った。
a0053420_17202238.jpg
「仮名手本忠臣蔵」・・・・・・お軽、勘平の物語。忠臣蔵のことを、名前を変えて物語ったもの。お家の一大事に、駆けつけられず、自責の念に苛まれる勘平役を片岡仁左衛門が。「水も滴るいい男」とは、この人のことをいうのでは?と思わせる、きりっとした二枚目。

「梅雨小袖昔八丈」・・・・・・出張専門の髪結いで、小悪党の新三の物語。松本幸四郎が、ワルでありながら、どこか憎めない新三を熱演。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by rapole | 2006-10-17 22:35 | 芸術・文学 | Comments(0)