ブログトップ

茜色の空

伊藤若冲(江戸時代の画家)

上野の東京国立博物館で、プライスコレクション「若冲と江戸絵画」展を、8月27日までやっている。
a0053420_0591415.jpg
見に行きたいと思いつつ、まだ行っていない。なんとか、27日までには行きたいのだが・・・・・・・。

アメリカ・カリフォルニアのプライスコレクションは、魅力に満ちた江戸絵画のコレクションとして世界的に知られている。 ジョー・プライス氏は、半世紀前に当時美術史家にも見過ごされていた江戸時代の個性的な画家たちの作品に目を奪われ、収集を始めた。

伊藤若冲は、江戸中期の画家で、青物問屋の生まれ。宋・元・明画など様々な流派を学び,さらに対象の実写に努め,独特の画風を完成。動植物を描き,特にニワトリを得意とした。現代でも若冲の作品は高い評価を受けている。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by rapole | 2006-08-18 20:43 | 芸術・文学 | Comments(0)