ブログトップ

茜色の空

カール・ラーション氏の絵

a0053420_9522217.jpg

スウェーデン、ストックホルムの画家、カール・ラーション氏の絵の本、「わたしの家」を見た。

何気ない日常の一コマ、一コマが、実に暖かいまなざしで描かれている。たくさんの子供達が、可愛いしぐさ、表情で描かれていて、ラーション氏の子供への深い愛情を感じた。「家族っていいなあ~」と、見る者みんなが思ってしまう絵。
[PR]
by rapole | 2006-02-19 09:27 | 芸術・文学