ブログトップ

茜色の空

小1女児殺害事件

子供を取り巻く環境が悪化している。物騒な事件が相次いでいて、親は「性善説」を信じてばかりいられなくなっている。広島や栃木の小1女児殺害事件など、純真な子供を狙った凶悪な事件が多発していて、学校では、「知らない人から話しかけられても、話をしないように。」と児童に教えているという。
a0053420_23181031.jpg
今朝、近所の奥さんと立ち話をしていて、「これだけ危険だと、私も知らない人とは話して駄目。」と子供に言わざるを得ない。「でもこれって、寂しいことだと思いません?」とその奥さん。「私達が小さい頃って、もっとおおらかに育っていられたような気がしますが・・・・・。人に道を聞かれても、無視してさっさと通り過ぎなさい、と教えなければならないなんて・・・・・・どこか変ですよね。」と言われ、「まさにそのとおり。」と、ひとしきり社会の荒廃を二人で嘆いた。

こう言われて育った世代が、これからの日本を担っていく。子供たちは他人に対して優しい気持ちを持った大人になれるだろうか。

突然子供を奪われたご両親のショックはいかばかりか・・・・・こんな悲惨な事件が、今後起きないよう祈るばかりである。
[PR]
by rapole | 2005-12-07 21:36 | 出来事