ブログトップ

茜色の空

見学

秋晴れの爽やかな一日、市の文化財指定予定の
家屋を見に行ってきた。江戸末期頃の建築で、地方の豪農の
木造の古民家。風雪に耐え、何百年も時を経て、今尚立派に
建っている、風格のある建物。昨年までは、持ち主が住んで
いらしたとのこと。ご逝去され、市に寄贈された。
a0053420_0351025.jpg

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by rapole | 2005-11-04 19:09 | 芸術・文学 | Comments(0)