ブログトップ

茜色の空

「わくわくデベート」

今日の英語クラブは、デベートの簡略版で、気軽に出来るデベートだった。
アメリカなどでは、学校でデベートの授業があり、自分の意見をまとめ、議論を戦わせる訓練を小さい時からしているそうだが、日本ではなかなかそうはなっていない。

ある事柄について、賛否を色々な角度から考え、意見をぶつけ合う。そんな本格的なデベートもやっているそうだが、今日は「わくわくデベート」という簡略なもの。

2グループに分かれ、1グループ・3人ずつの6人、合計12人で賛否を競った。他の人はそれを聞いていてどちらが良かったか判定を下す役割。
  1.「卒婚に賛成?」   
  2.「白髪は染めるべき?」  
a0053420_18365214.jpg
 1グル―プの、「卒婚に賛成?」は、いわゆる「家庭内別居」(?)に賛成? 反対? と意見を言い合った。

ご主人が定年退職後、それまでご主人の為に家事等をこなし、尽くしてきた奥様を楽にしてあげようと、その後は法的に離婚はしないが、お互いに自由に生きる様に話し合って決める・・・・・・・卒婚。憎み合っているわけではないので、助けあえる部分は助け合い、お互いのやりたいことをやる。

賛成の方は、何にも縛られず、自由にやりたいことをやれるのは素晴らしい。残り少なくなってきた人生を大切に過ごせるのはいい・・・・・等と。反対派は、結婚式で、「富める時も病める時も助け合い・・・・・・」と誓った二人。やはり人生の最後まで二人で共に頑張るのがいい・・・・・・・等と。相手の意見に質問をしたり、反駁したりして、最後にまとめを言い合う。
a0053420_18374383.jpg
賛成側のまとめ役の人が、「我が親類に、実際今、卒婚をしている人がいる。ご主人は海外ロングステイにあこがれ、今マレーシアに住んでいる。奥さんの方は日本で三味線の先生をしている。年に何度かはお孫さん達も一緒にマレーシアに遊びに行ったりしてお互いの生活を楽しんでいる。こういうのもとてもいい生き方だと思う。」と。

私は、2のグループで 否定の「白髪は染めない方がいい」に。  
我がグループの他の2人はべテラン。それで私が一番目に2分間のスピーチを考えていって意見を述べた。彼女たちはその後の質問や反駁、まとめをして下さった。その場で相手の意見を聞いて、それに対してすぐ質問や反駁を考える・・・・・・すごいなぁと感心しながら聞いていた。とても楽しい内容に、わくわくしながら参加して・・・・・・・・いつか私もこの人たちのように丁丁発止と意見を言えるようになりたいな、と思った。いつの日になることやら・・・・・・・・。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by rapole | 2014-04-18 21:37 | English | Comments(0)