ブログトップ

茜色の空

東大がネットで公開講座

 東京大学は、世界中から誰でもインターネットで受講できる公開講座を9月にも開始すると発表した。無料で受講でき、一定の成績を納めたと認定されると履修証が発行される。(名前とメールアドレスを登録すると受講出来る。)

 同様の公開講座は、米スタンフォード大やハーバード大など海外の一流大学が相次いで始めているが、国内では初めて。先行して実施している海外の大学では10万人を超える受講者があり、江川雅子理事は「国際化戦略の一環だ」としている。

 講義は英語で行われ、当初は村山斉特任教授の「ビッグバンからダークエネルギーまで」と、藤原帰一教授の「戦争と平和の条件」の2講座を開設する。
 

テレビでこのニュースをやっていたが、女子高校生が既に始まった授業をパソコンで受講している様子が写されていた。
a0053420_22143988.jpg
世界140カ国、7万人が受講しているとのこと。インターネット上で宿題やテストがあり、時には東大のキャンパスで実際の勉強会が行われる。「反転授業」と言われるもので、<オンラインと対面>の両方で授業が進められる。

来春からは、早稲田大学等12の大学も始めるという。
パソコン一つあれば、どこでも、いつでも、世界の人と一緒に勉強出来る。

世界の素晴らしい知性を自宅で学習出来る・・・・・・・やる気と熱意さえあれば、老いも若きも脳を活性化させられる。きっと、世界で活躍出来る国際人も育っていくことだろう。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by rapole | 2013-10-10 21:45 | 出来事 | Comments(0)