ブログトップ

茜色の空

広島へ-2

朝、ホテルの窓から広島市内を眺めてみると、曇ってはいるけれど薄明りも見え、ほっとして・・・・・というのは、前日から台風の影響で広島は数日間「雨」との予報が出ていたのです。昨日はなんとか曇りだったので、今日もそのままもってほしいなぁ、と。
a0053420_15291219.jpg

広島城が目の前に。28階からの眺めの為、模型のように見えて・・・・・。
a0053420_1528271.jpg

朝食は和風。お花が素敵に生けられていました。
a0053420_15402179.jpg
a0053420_15404912.jpg

いよいよ、ずっと見たかった厳島神社へ。
平安時代後期、平清盛によって修築された寝殿造りの厳島神社の社殿と、海にそびえたつ朱塗りの大鳥居が、霊験あらたかな弥山(みせん)を背景にして、優美な世界を織り成しています。厳島神社は、平安時代末期の建築様式を知ることが出来る貴重な遺産といえます。1996年に世界文化遺産に登録されました。

平成21(2009)年5月16日に、フランスの「モン・サン=ミッシェル」と観光友好都市提携。モン・サン=ミッシェルと宮島は、海に浮かぶ世界遺産であること、信仰の聖地として1000年以上の歴史があること、それぞれの国を代表する観光地であることなど、大きな共通点があります。

宮島口駅からフェリーで宮島桟橋へ。 厳島神社へ向かって歩き出すと、鹿がお出迎えしてくれました。野生だそうですが、とっても穏やかで優しい目をしていて・・・。
a0053420_1627373.jpg
                朱塗りの大鳥居。
a0053420_16402926.jpg

この頃から雨が降り出して、その後一日中降っていました。
a0053420_1741648.jpg

a0053420_1745587.jpg
                    入口に到着。
a0053420_1752446.jpg

a0053420_21312147.jpg
a0053420_21314957.jpg
a0053420_2134838.jpg

a0053420_213719100.jpg

a0053420_21374760.jpg

結婚式が行われていました。
a0053420_21381236.jpg

a0053420_21393440.jpg

宮島の名物といったら、アナゴめし・・・・・もちろん、いただきました。お店に入って外を見ると、鹿がず~~っと中を覗き込んでいて・・・・・店のご主人がエサをあげているからか、とてもご主人になついているとのこと。「また、もらえないかなぁ。」って顔をして・・・・・。
a0053420_21404947.jpg
             美味しゅうございました!
a0053420_2141613.jpg
厳島神社をずっと見たいと思っていたので、やっと実現し幸せな気分になっています。

午後からは、山口県・岩国市の錦帯橋へ。でも、かなりの写真をアップしたので、今日のブログの重量制限が心配。明日アップします。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by rapole | 2013-09-03 21:14 | 旅行 | Comments(0)