ブログトップ

茜色の空

防災訓練

地域の防災訓練があり、町内会の班長や一般の人が消防署に集まった。普段、リリーのお散歩の時に通りかかると、時々消防隊員が綱渡りの救助訓練や高所訓練などをしている。
a0053420_1739212.jpg

370名程が参加。各町内ごとにグループ分けして、私達のグループは、まず119番通話をする時の訓練から始まった。数名ずつ実際に消防署の人と電話で話す体験を。「母が突然倒れて・・・。」と言うと、「「意識はありますか?」等症状を聞かれる。「すぐ救急車を出します。」と、決着。つぎの人は、「石油ストーブから出火して・・・。」と話し、「家の近くの目印を教えて下さい。」と聞かれる。「すぐ、消防車が向かいます。」となった。
a0053420_182301.jpg
消防署の方が、「一番悪い例を今からやります。」として、「今、目の前で交通事故です。男の人が血だらけになって倒れています。すぐ来て下さい!」と言うや否やすぐ電話を切ってしまった。

「気が動転しているのは分かりますが、これでは助けに行きようがないんです。でも、実際こういうことがよくあるのですよ。」と。落ち着いて、場所を説明してほしいと皆に話されていた。
a0053420_1864482.jpg
次は、地震体験。多くの人が体験したいと手を挙げて・・・・・地震体験車に乗りこんだ。最初は震度3から始まり、7へ。「さすがに7となると、大きく揺れて怖かった~!」と体験した人が感想を。
a0053420_21352494.jpg
その後、AED(自動体外式除細動器)の講習を含む救命講習へ。心停止した人に対しては、早期に心肺蘇生法とAEDを用いた電気ショック(除細動)を行うことが、救命率アップにつながるとのこと。
a0053420_21441145.jpg
AEDは万能ではなく、心肺停止になっている人には、まず人間が心臓マッサージをして、酸素と栄養を心臓に送ってから、AEDで電気ショックを与えることが必要だとか。
a0053420_21493241.jpg
次に、消火器の操作を実際にやって、消火訓練をした。
a0053420_21522888.jpg
その次は、実際に地震等の災害の時、困るのがトイレ・・・・・・ということで各自治体の防災倉庫に収納してある、簡易トイレを組み立てる作業をした。
a0053420_2159398.jpg
有志数人が組み立てていく作業を私達は見守っていたのだが、箱から取り出し、パイプなどをつなぎ組み立てるのは結構大変。
a0053420_227119.jpg
その後は、消防車の放水訓練。子供達も混じって、放水体験をした。
a0053420_22104744.jpg
快晴に恵まれた日曜日の朝、9時から12時までの防災訓練が終わった。昨年の3.11を思い出しながら、近い将来やってくると言われている地震等の災害に、みんな改めて心を引き締めるいい機会になった。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by rapole | 2012-11-25 18:07 | 出来事 | Comments(0)