ブログトップ

茜色の空

「型紙展」へ

東京、丸の内にある三菱一号館美術館で開催されていた「型紙展」に、お友達と行ってきた。型紙という視点から見た美の展覧会で、なかなか面白い内容でした。

19世紀後半、万国博覧会などを通じて海を渡った日本の美術工芸品は、西洋の人々に驚きの目をもって迎えられました。とりわけ芸術家たちにとって、その斬新な構図やデザイン、緻密な技は、作品を制作する上での大きなヒントとなったのです。ジャポニスムと呼ばれるこの現象は、絵画の分野では、印象派と浮世絵などとの関連が既に詳しく紹介されていますが、工芸については、その技法の多様さのため、これまでスポットをあてられる機会はほとんどありませんでした。  
着物やその他染織品の文様染に使われる日本古来の型紙は、この時期に西洋にもたらされ、その美しいデザインや高度な技術が高く評価されて、当時西洋各地で起きた美術工芸改革運動に大きな影響を与えました。  
本展は、19世紀末から20世紀初頭にかけて西洋に渡った日本の美術工芸品の中でも特にこの型紙に注目し、型紙が西洋の芸術家たちの創作活動にどのような影響を与えたのかを紹介する日本で初めての試みです。日本で生まれた型紙が海を渡り、染色という本来の用途を超えて自由に解釈され、アール・ヌーヴォーをはじめとする西洋の美術工芸改革運動の中で豊かな広がりを見せていった様相を、約400点の作品とともに俯瞰する展覧会です。


a0053420_21495065.jpg
三菱一号館美術館の中庭では、バラが咲き始めていた。もう少ししたら、綺麗なバラを楽しめそう・・・・・。
a0053420_2118561.jpg

現在、保存・復原工事中の東京駅は10月に修復が終了するとのこと。内部のステーションホテルも改修され、宿泊出来るようになるそうな。全部出来上がったら、是非見に行ってみたい。
a0053420_15344953.jpg

a0053420_21154528.jpg
駅のすぐ横にある「オアゾ」でランチ後、東京駅地下街に最近、菓子メーカーのアンテナショップ、「東京おかしランド」が出来たとニュースで見ていたので、立ち寄ってみた。
a0053420_21184348.jpg
カルビーや森永などのお菓子がいっぱいで、子供が喜んで、帰りたがらないというお母さんも。
[PR]
by rapole | 2012-05-16 22:10 | 芸術・文学