ブログトップ

茜色の空

小樽観光

ホテルのロビーの照明が、和紙でくるんで趣きがあり、素敵だったので思わずパチリ。
a0053420_12365470.jpg

a0053420_12282248.jpg
今日は小樽の街を散策。
「運河通り」・・・もともとニシン漁で賑わっていた小樽。明治に入ると札幌の建築物の為の資材搬入をする港としてさらに繁栄。大正3年~12年にかけ造成工事が始まり、運河が完成した。昭和30年代には衰退し、保存か埋め立てかで論争され、61年に半分が埋め立てられ散策路になった。今では、古い倉庫がショップやレストラン等に利用され、小樽の代表的な観光スポットに。
a0053420_12284999.jpg
人力車がたくさん・・・・・乗ってみたかったが、今回は乗らずに歩いて・・・。
a0053420_21324194.jpg
 運河通りなど、夜にはライトアップされ、「雪あかりの路」と銘打ってイベントが開催されるとのこと。見たかったが、残念ながら見ずに帰ってしまった。その時、これらの雪で作っただるま等にろうそくの灯りが灯り、ほんのりとあたりを照らすという。
a0053420_2134503.jpg
なかなか風情のある佇まいに、しばし魅入っていた。 
a0053420_2144589.jpg
 「北一ヴェネツィア美術館」へ。  イタリア北部に位置する「水の都」ヴェネツィア。北一ヴェネツィア美術館は、古都ヴェネツィアの古くから受け継がれた、豊かで潤いのある文化を紹介する美術館 として、1988年に開館しました。     
a0053420_21524278.jpg
 ゴンドラが店内に。
a0053420_21533164.jpg
小樽オルゴール堂へ。明治45年に建てられた本堂。
a0053420_2154086.jpg
  

a0053420_2245517.jpg
 カラフルな、愛らしいオルゴールがたくさん並んでいて・・・。
a0053420_2252717.jpg


a0053420_2255779.jpg
素敵な建物が、点在していて、そぞろ歩きが楽しかった。  
a0053420_2272574.jpg
                洋菓子舗ルタオ      
ノスタルジックな雰囲気漂う建物が、そこここに。
a0053420_2294613.jpg


a0053420_22112315.jpg
             小樽浪漫館
a0053420_2213258.jpg
              大正硝子館
a0053420_221811.jpg
   
a0053420_22281097.jpg
            日本銀行小樽支店
a0053420_22214471.jpg
滑りやすい雪道を必死に転ばないよう歩いて、やっと見つけたカフェで一休み。そこで飲んだコーヒーは、とびきり美味しかった。その店に飾ってあった「ふくろうさん」。  
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by rapole | 2012-02-08 21:19 | 旅行 | Comments(0)