ブログトップ

茜色の空

「インターネット」の講座

パソコン・ボランティアで、次は「インターネット」の講座を開催する。11月・25日・12月2日の2回講座で、インターネットの基礎・検索等の後、今回はツイッター(ミニブログのサービスの一種・・・140字以内でつぶやくように書き込む)をやることになった。

私は、夏ごろに英文のツイッターを始めていたのに、最近すっかりさぼっていた。久しぶりに開いてみたら、フォローしている人のつぶやきがいっぱい! その一人にアメリカのオバマ大統領も・・・・・・また、ぼちぼちつぶやいていこう。
a0053420_1451308.jpg

会の人達も、ツイッターを体験しようとみんなでやってみた。私も日本語のツイッターを開設して、色々つぶやいてみた。

最近は、インターネットの交流サイト(SNS・ツイッター)やメールなどを使って、家族や友人とコミニケーションをとる高齢者が増えているという。 いざというときの備えに始める人や、孤立を防ぐ為にネットを活用する動きが出ているという。

東日本大震災後、災害時の連絡手段としてインターネットが注目され、特にシニア層が身を守る為に取り入れ始めているとのこと。高齢になると、足腰が弱くなる人も多く、日常の付き合い範囲も限られる。ネットの利用は、こうした制約を補い、生活の質を向上させる。 私達の講座が、こうした人々に一役かうことが出来るといいのだが・・・・・。
[PR]
by rapole | 2011-11-04 21:17 | ボランティア