ブログトップ

茜色の空

つるし雛

手賀沼のほとりに、大正時代に建てられた旧村川別荘がある。共に東大教授だった村川堅固氏とその子息、堅太郎氏(親子二代にわたる西洋古代史学者)の別荘だった。堅固氏の高校時代の校長先生が、嘉納治五郎氏(教育者・柔道の「講道館」創設者、我孫子市に別荘があった)。尊敬する恩師の影響を受け、我孫子に別荘を構えたとか。趣味の釣りを楽しんでいらっしゃったという。
a0053420_12341273.jpg
母屋
a0053420_0253587.jpg
新館

そこで、「つるし雛」を展示中と知り、行ってみた。
a0053420_17441676.jpg

a0053420_17422773.jpg

手作りのつるし雛がたくさんあり、ひとつひとつに作った人々の心がこもっているようで、ほのぼのとした雰囲気。
a0053420_1743745.jpg
お雛さまもあり、桃の節句がもうすぐと、あらためて感じた。
a0053420_17433433.jpg

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by rapole | 2010-02-24 21:13 | ちい散歩 | Comments(0)